ニュース

米国男子RBCカナディアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

カナダのナショナルタイトル奪還へマキロイ参戦 久常涼が出場

◇米国男子◇RBCカナディアンオープン 事前情報◇ハミルトンG&CC (カナダ)◇7084yd(パー70)

120年の歴史を持つカナダのナショナルオープンが30日(木)に開幕する。オークデールG&CCで行われた昨年、ニック・テイラーが69年ぶりにカナダ勢として母国タイトルを獲得。ことしは実に1914年以来、実に110年ぶりの同国出身選手による“連覇”がかかる。

<< 下に続く >>

トロント近郊のハミルトンG&CCでの開催は2019年以来5年ぶり。同年大会を通算22アンダー、後続に7打差をつけて優勝したロリー・マキロイ(北アイルランド)は、コロナ禍での2年に渡る中止を経て、セントジョーンズG&CCでの22年大会まで2連覇を成し遂げた。昨年は9位で史上初の3連覇を逃した。

メジャー第3戦「全米オープン」(ノースカロライナ州パインハーストNo.2)を2週後に控え、156人のフルフィールドにはマキロイらトップ選手もエントリーした。マキロイとペアで団体戦「チューリッヒクラシック」を制したシェーン・ローリー(アイルランド)、「全米プロ」で優勝争いを演じたサヒス・ティーガラ、前週「チャールズ・シュワブチャレンジ」から2連勝がかかるデービス・ライリーも出場を決めた。

トミー・フリードウッド(イングランド)は昨年、4ホールに及んだプレーオフでテイラーに20mのイーグルパット(18番パー5)を決められて悲願のPGAツアー初勝利を逸した悔しさを忘れていない。

海外の強豪をコーリー・コナーズアダム・ハドウィンテイラー・ペンドリスらが迎え撃つ格好。9月に米国選抜との対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」(ロイヤルモントリオールGC)をホストする世界選抜のマイク・ウィア主将も選手として今大会を戦う。

日本勢はルーキーの久常涼が出場する。まずは2試合ぶりの決勝ラウンドを戦いたい。

大会は7月の今季メジャー第4戦「全英オープン」(スコットランド・ロイヤルトゥルーン)の予選会を兼ねており、有資格者を除く上位3人に出場権が付与される。

<主な出場予定選手>
ニック・テイラーロリー・マキロイシェーン・ローリーサム・バーンズアダム・スコットコーリー・コナーズトム・キムサヒス・ティーガラデービス・ライリートミー・フリートウッドニコライ・ホイゴー久常涼

関連リンク

2024年 RBCカナディアンオープン



あなたにおすすめ

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!