ニュース

米国男子ザ・RSMクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・RSMクラシック
期間:11/19〜11/22 場所:シーアイランド・リゾート シーサイドコース(ジョージア州)

2020年 ザ・RSMクラシック
期間:11/19〜11/22 場所:シーアイランド・リゾート シーサイドコース(ジョージア州)

新パターでアライメントを修正したマット・ウォレス

アライメントがずれていれば、真っすぐに打つのは難しい。マット・ウォレス(イングランド)にってはこれが問題だった。しかし、ちょっとした調整を施すことで調子を取り戻したのだった。

「ザ・RSMクラシック」の第1ラウンドで首位に立ったウォレス。ヘッドにアライメントラインのついていないパターに変更することで、グリーン上で4ストローク以上のアドバンテージを稼ぎ、初日に「64」をマークした。

<< 下に続く >>

GolfWRXはオッデセイのツアーマネジャーであるジョー・トゥーロン氏とウォレスの“新しい魔法の杖”について話をする機会を得た。以下は彼の言葉である。

「マットはオーガスタ(マスターズ)を終えた後、私にメールで今週は何か違うものを試したいと伝えてきた。彼は(パッティングアカデミーを主宰するフィル・ケニオンのもとで働いている)マイク・カンスキー氏と取り組んでいます。マイクは彼にとって機能するであろうパターが何かを決める上で、大きな役割を担っています」とトゥーロン氏。

「マットはアークとフェースの角度がマッチしているという観点から、ラスベガス(モデル)が出してきた数字に満足していましたが、何かがずれていたのです。いくつか違うパターを試してみたいと言い、そのうちの一つがアライメントラインなしのアトランタ(モデル)でした。我々はアトランタがラスベガスと同じホーゼルであることを確認しました。繰り返しになりますが、彼のパスはとても良かったからです。しかしながら、我々はラスベガスにはトップにアライメントラインが入っていたのに対し、アトランタはアライメントラインなしで行くことに決めました」

「我々はパターを組み上げて大会前に届けることができました。幸運にも、ケンヨンが(ザ・RMSクラシック会場の)シーアイランドにオデッセイのパタースタジオを所有しており、マットはいくつかの異なるパターでしっかりとしたテストを行うことができました。スタジオでの作業で我々はマットがラスベガスで意図したラインのおよそ2度右を狙っていたことを突き止めました。アライメントラインなしのアトランタでテストした際、彼は0.5度未満左を狙っていました。彼のパスは依然としてかなり良かったので、突如として、彼は自分のラインがよく見えるようになり、オンラインに打ち出せるようになったのです」

ウォレスの新パターの仕様は次の通り。
・ アトランタH7(フローネック)
・ ツアーブラック仕上げ
・ ロフト角2.75度/ライ角75度
・ 長さ32.75インチ(グリップの端まで)
・ ブラックシャフト
・ A6スイングウェイト
・ 全体重量666g
・ グリップ:ツーサムライト(ブルー)

(協力/GolfWRX、PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2020年 ザ・RSMクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!