ニュース

米国男子ザ・RSMクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・RSMクラシック
期間:11/19〜11/22 場所:シーアイランド・リゾート シーサイドコース(ジョージア州)

2020年 ザ・RSMクラシック
期間:11/19〜11/22 場所:シーアイランド・リゾート シーサイドコース(ジョージア州)

キャディが新型コロナ陽性 ウォレスは“代役”活躍で首位スタート

◇米国男子◇ザ・RSMクラシック 初日(19日)◇シーアイランド・リゾート シーサイドコース(ジョージア州)◇7005yd(シーサイドコース/パー70)、7060yd(プランテーションコース/パー72)

新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で、帯同キャディが陽性と診断されたマット・ウォレス(イングランド)は試合前に急きょ代役を立てた。バッグ預けたのはコースをよく知る地元のメンバー。シーサイドコースで迎えた初日6アンダーの首位発進に一躍買った。

<< 下に続く >>

今大会は事前の検査でビル・ハースら選手3人も欠場を強いられた。ウォレス自身は陰性ながら、前週のメジャー「マスターズ」でもコンビを組んだ相棒キャディのデーブ・マクネイリーが突然の“キャンセル”を強いられ、「日曜日も彼と一緒だったから僕も陽性になると思った。彼がどこで感染したのか分からない。症状が出ていなくてよかったが…」と動揺した。

当地のレッスンプロの伝手をたどり、今回キャディを務めてくれたのは会場のシーアイランド・リゾートのメンバーで、クラブフィッティングなどを手掛けるジェフリー・キャモンさん。ウォレスは今大会初出場。予選ラウンドでは異なる2コースを回るとあって、十分でない知識を補うにはもってこいだった。

「僕は何をして、何を伝えればいい?」という、出会って最初の質問にウォレスは「特別なことは何もいらない。僕が聞くことについての事実と、きみの考えを答えてくれ」とお願い。風の読みなどのプレー中のやり取りは「左からかな?」「そうだね」といったぐあいに、至ってシンプルに行った。

ここ最近グリーン上で苦しんでいた30歳は、今大会前に同リゾート内のパフォーマンスセンターでパッティングのデータを計測し、英国にいるコーチに送ったり、パターを3種類テストしたりするなど試行錯誤を重ねていた。さらにこの代役キャディのライン読みも大きな助けに。ラウンド途中で「もう読む必要はないよ。きみの言うことは100%正しい」と全幅の信頼を置けた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ザ・RSMクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!