ニュース

米国男子OHLクラシックatマヤコバの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 OHLクラシックatマヤコバ
期間:11/13〜11/16 場所:エル・カマレオンGC(メキシコ)

人種の壁を打ち破ったシフォード氏に大統領自由勲章

By Helen Ross, PGATOUR.COM

ゴルフ界の人種の壁を打ち破ったチャーリー・シフォード氏が、11月24日に大統領自由勲章を受ける19人の1人に選ばれた。

バラク・オバマ大統領は10日、92歳のシフォード氏の受章を発表した。大統領自由勲章は、文民に贈られる最高位の勲章として知られている。

<< 下に続く >>

現役時代には身の危険を感じ、人種差別に苦しみながらも大好きなゴルフをプレーしたシフォード氏は、PGAツアーで2勝、チャンピオンズツアーで同じく2勝を挙げた。2004年には、黒人選手として史上初めて世界ゴルフ殿堂入りも果たし、06年にはセント・アンドルーズ大から名誉法学博士号も贈られた。

PGAツアーコミッショナーのティム・フィンチェムは「チャーリー・シフォード博士は、この名誉ある特別な勲章を受けるのに最も適した人物だ。博士は偉大な尊厳と勇気、強い精神を持って大変な苦労をしたパイオニアの1人で、異なる人種の選手に大きな希望を与えた。われわれの競技を、より良いものにしてくれた博士には感謝の念を抱いている。彼はあらゆる意味で真のチャンピオンだ」と述べた。

ゴルフ界を代表する団体、人種問題に特化した団体、政府の官僚、そしてスポーツ界のレジェンドたちがシフォード氏の受章を後押しした。PGAツアー、全米ゴルフ協会(USGA)、世界ゴルフ財団のほか、64人の国会議員、タイガー・ウッズ、元NBA選手のアロンゾ・モーニングとビル・ラッセル、元NFL選手のジム・ブラウンといった著名アスリートらだ。

シフォード氏とともに大統領自由勲章を受けるのは、NBCニュース司会者のトム・ブロコウ、女優のメリル・ストリープ、マルロ・トーマス、歌手のスティービー・ワンダー、活動家のエセル・ケネディらだ。過去にはアーノルド・パーマージャック・ニクラスも受章している。

ノースカロライナ州のシャーロットで生まれたシフォード氏は、キャディとしての経験からゴルフを学び、13歳の頃にはイーブンパーの腕前に成長。それから4年後にプロに転向し、アフリカ系アメリカ人で構成されたユナイテッド・ゴルフ・アソシエーション・ツアーで2勝を挙げ、黒人選手のナショナルオープンで5連勝を達成した。

しかし、シフォード氏の目標は、1946年にメジャーリーグ史上初の黒人選手となったジャッキー・ロビンソンのように、ゴルフ界に風穴を開けることだった。39歳となった1960年にツアー出場資格を獲得。その1年後、PGAツアーは出場資格獲得の条件となっていた“白人のみ”という条項を撤廃した。

シフォード氏は1967年の「グレーターハーフォードオープン」で初優勝を遂げ、69年には「ロサンゼルスオープン(現在はノーザントラストオープン)」で優勝。同大会では、現在もシフォード氏の名前を冠した特別招待枠が設けられている。シフォード氏は75年の「全米プロシニアゴルフ選手権」、80年のチャンピオンズツアー「サントリークラシック」でも優勝した。

タイガー・ウッズは受章の報に接し「あなたこそまさに僕のおじいちゃんだ。あなたの犠牲的な献身があったから、僕は今日ゴルフをプレーできる。本当におめでとう、チャーリー」とツイートしている。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 OHLクラシックatマヤコバ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!