ニュース

米国男子シェル ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 シェル ヒューストンオープン
期間:04/03〜04/06 ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)

復調のミケルソン、「シェルヒューストンオープン」初日を「68」でフィニッシュ

By Sean Martin, PGATOUR.COM

先週の「バレロテキサスオープン」3日目に肉離れを起こしたフィル・ミケルソンは、開催間近の「マスターズ」でプレーできるか微妙なところにあった。しかし4月3日の「シェル ヒューストンオープン」初日で「68」をマークしたことで、不安要素はなくなったようだ。

「調子はかなり上向いている」とミケルソン。「軽量の治療機器を持って移動してるんだけど、これがすぐに効果を表した。それによって治癒過程が早まったんだ。世界ががらりと変わったね。痛みがなくなったんだ。もちろん、運動した時のような筋肉痛はあるけど、つらい痛みとはまた違うんだ」。

ミケルソンは背中を伸ばそうと、ショットの合間に時々上体をよじっていた。

ミケルソンは結局、ゴルフクラブ・オブ・ヒューストンでの今大会初日をノーボギーでホールアウト。共にプレーしたウェブ・シンプソンキーガン・ブラッドリーもボギーとは無縁だった。ブラッドリーは「66」でフィニッシュして首位タイに、シンプソンはミケルソンと同じく「68」で初日を終えた。

「(自分や一緒にプレーした人が全員ノーボギーだったのは)初めてだと思う。間違いなく、自分のキャリアでは初めてだ」とミケルソン。初日を「66」で終えたマット・クーチャーがこの“快挙”を耳にした時、彼は「フィルが自分のキャリアでノーボギーを達成したのは初めてだよ。だからさ」とジョークを飛ばした。

ミケルソンは次週の「マスターズ」に備え、今大会前の火曜日と水曜日をオーガスタナショナルGCで過ごした。彼は火曜日にはアイアンショットを中心に、水曜日は9ホールをプレーしたと話している。

「ボールを打つ代わりに、ショートアイアンやチップショット、パッティングにさらに時間をかけることができた。今日はかなり良いプレーができたよ」と振り返った。「ティショットが良かったし、フェアウェイもほとんど外さなかったからね」。

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 シェル ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~