ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 全英オープン
期間:07/20〜07/23 場所:ロイヤルバークデールGC(イングランド)

惜敗のマット・クーチャーを待っていた“涙のサプライズ”

◇海外メジャー◇全英オープン 最終日(23日)◇ロイヤルバークデールGC(イングランド)◇7156yd(パー70)

いつも笑顔のマット・クーチャーが、うっすらと目に涙を溜めていた。「打ちのめされたし、心が痛い。ここに来るには大変な努力が必要だし、そんなに多くのチャンスがあるわけじゃない。残り5ホールまで来ていたし、受け入れるのは簡単じゃない」。

初メジャータイトルへ、残り5ホールで1打リードとなったクーチャー。自身も2バーディ(1ボギー)とスコアを伸ばしたが、ジョーダン・スピースが1イーグル3バーディと怒濤のプレーを見せて3打差の2位に終わった。

スピースがトラブルに陥った13番。クーチャーはその場で20分以上待たされた。それでも、スピースが練習場からグリーン手前まで運ぶリカバリーショットを見せて戻ってくると、笑顔とグータッチで出迎えた。

スピースはいう。「彼は素晴らしい選手だし、素晴らしい人間だ。僕はクーチャーがメジャー大会を勝つと信じている。それも、近いうちにね」。

18番ホールを終えたクーチャーの視界に飛び込んで来たのは、グリーンサイドで待つ妻シビーさんと2人の子供たちだった。長男のキャメロン君はポロポロと涙をこぼして、お父さんに抱き締められた。

「驚きだった。昨夜電話で話したときはコロラドにいたから、素敵なサプライズだった。涙のサプライズだったね。ゴルフは自己中心的なゲームだけど、彼女たちは僕がベストを尽くすための、素晴らしい支えになっている。とても、とても、嬉しかった」。

この日は涙に包まれたクーチャー一家。その悔し涙は、次戦に向けた大きな力となるに違いない。(英国サウスポート/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!