ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

動物も味方に付け? B.ワトソンが2打差首位で最終日へ

By PGATOUR.COM wire reports

「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」3日目、バッバ・ワトソンは砂漠の野生動物の助けも受けて、1ストロークをセーブすることに成功。ハンター・メイハンは、後半9コースで18番までパーを記録することなく(6バーディ、2ボギー)スコアを伸ばし、6位タイに急浮上した。

穏やかな日差しに包まれたTPCスコッツデールには、この日も189,772人ものギャラリーが詰めかけ、好プレーを見届ける機会に恵まれた。

パー5の13番、ワトソンのティショットは砂漠地帯の藪に入り、ボールが止まった場所のすぐ隣には野生動物の巣穴が。この巣穴がスイングの妨げになると判定され、ワトソンにフリードロップが与えられた。

「ボールのすぐ隣に巣穴があって、スイングすればインパクトの瞬間に当たってしまう状態だった。結構大きな穴で、クラブが中に入ってしまう状態だったからフリードロップが与えられた。おかげで楽にウェッジで出せたよ」。

ワトソンは150ヤードのショットでフェアウェイに戻すと、第3打をグリーンエッジに乗せ、2パットでパーセーブ。結果的に「68」の3アンダーとし、2位と2打差の首位で最終日を迎えることとなった。

仮にフリードロップが認められなかった場合、ワトソンは短いショットでリカバリーしようと考えていたという。「20から30ヤードくらいのショットを考えていた」。

ディフェンディング王者のフィル・ミケルソンは、パー3の16番で痛恨のダブルボギーを記録。ティショットをシャンクしてしまい、ボールは左に大きく外れてホールまで128ヤードの位置に。浮かせた第2打は短く、バンカーに入れてしまい、2.4メートルから2パットを要した。

ミケルソンは、「(ティショットは)ギャップエッジ(GW)。痛いショットになってしまった。言葉も見つからない。あんなに酷いショットは練習でもしたことがないから」と話し、肩を落とした。

ミケルソンは「72」でホールアウトし、通算3アンダーの40位タイと順位を大きく落とした。

首位のワトソンは3日目を終えて「198」の通算15アンダー。2012年のマスターズ以降優勝から遠ざかっているレフティーのロングヒッターは、パー5の15番でも窮地を凌いでパーセーブ。このホールでもドライバーのコントロールミスでティショットが右に大きく逸れたが、4.6メートルのパーパットを決めてみせた。

16番でのバーディパット(2.1メートル)はホールのへりにつかまって止まったが、続く17番のバーディパット(3.7メートル)はカールするラインを上手く読んで沈めた。最終18番のティショットも池を隔てた左のラフに運んだが、なんとかパーで締めくくった。

「なんとか集中力を保って、自分のプレーに集中出来たよ。17番はアップダウンがあったけれどバーディを取れた。18番の2打目はライが厳しかったけれど、2パットのパーで終われて首位を守れた。今日は幸運にも猛チャージする選手がいなかったから」。

こう語ったワトソンだが、プレーのペースには苦言を呈した。「バック9は本当にスローで、流れが停滞してしまった。ティショットの集中力を失いかけたよ。明日は5時間以内に終わらせたいね。スーパーボウルを見たいから」。

今大会は4年続けて観客動員記録を更新。3日目の観客動員数も昨年の179,002人を上回った。月曜日からの合計観客数は502,776人で、大会記録は2008年の538,356人となっている。

スコッツデールに住むケビン・スタドラーは、「本当にたくさんの人が集まっている。年に1度のイベントだからね」とコメント。スタドラーは「67」とし、首位と2打差の2位につけている。

「64」としたライアン・ムーア、「69」のハリス・イングリッシュ、そして「68」を記録した松山英樹は通算12アンダーで3位タイ。バック9を「30」の6アンダーとしたムーアは、ラウンド後「ボーナスみたいなパットを決められたから」とコメント。

マット・ジョーンズは「72」とし、この日のベストスコアである「62」を記録したブレンダン・スティール、そして2010年優勝者のメイハンと通算11アンダーで並んだ。スティールの「62」は、今大会でのベストラウンドどなっている。

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~