ニュース

米国男子ザ・マックグラッドリークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・マックグラッドリークラシック
期間:11/07〜11/10 場所:シーアイランドリゾート(ジョージア州)

マクグラッドレー・クラシックで幕を開けるクラークの米国ツアーを巡る新たな冒険

2013/11/06 15:28

ダレン・クラークが最後に米国ツアーにフル参戦したのは2006年のことだ。45歳となった彼は、なぜ今再びツアーに戻ってくるのか?

「アジアへの長距離移動は、もう十分という感じだよ」と、2011年の全英オープンの優勝により、今シーズン予選免除資格を持つクラークは言った。「それが悪いということではなく、ここ(アメリカ)に来ることは僕にとって、スケジュール的により容易いことなんだ」。

<< 下に続く >>

「米国ツアーはいわば世界最大の投資家だよ。ヨーロッパは僕のホームだけど、ここに来てプレーできるのは素晴らしい機会なんだ」。

ロイヤルセントジョージでクラレットジャグを手にして以来、クラークはトーナメントに勝っていない。しかし今週のマクグラッドレー・クラシックに先立って、シーアイランドGCの練習場でボールを打つ北アイルランド出身の彼はとても生き生きしているように見えた。

世界ランキングを283位まで下げているクラークだが、ここ2試合は、ヨーロッパで12位タイ、中国で2位と、自身のゴルフについて気を良くするだけの成績を収めている。

「今はただコースに出てゴルフを楽しみたいと思っているよ」とクラーク。「僕は長い間、世界中を回ってとても良い時間を過ごした。そして今はまた一からやり直しているような気分だよ」。

バハマに家を持ち、フロリダのパームビーチガーデンに本拠地を置く彼にとって、米国ツアーを巡る旅はかえって容易になることだろうが、クラークはヨーロピアンツアーの出場資格も保持し続けるとのことだ。

「(2つのツアーをプレーすることは)簡単なことではないね」とクラーク。「でも、それに挑戦してみたいんだ。どうなるか楽しみさ。でも僕が最優先するのは米国ツアーだ。再びメンバーになれたし、米国ツアーのトーナメントに出場したいと思っているよ」。

今週のトーナメントに続き、クラークはメキシコのマヤコバで開催されるOHLクラシックにも出場する予定だ。そして、12月は1ヶ月間の休暇を取り、その後、AT&Tペブルビーチナショナルプロアマでツアーに復帰し、続くノーザントラストオープンから始まるフロリダでのトーナメントに出場する予定となっている。

クラークは2003年にWGCブリヂストン招待、そして2000年のWGCアクセンチュアマッチプレー選手権で優勝し、米国ツアーでは2勝を挙げている。

彼の米国ツアーに於ける全盛期は約10年前だ。彼は2003年から2005年の間に4度の3位と1度の2位を含む14回のトップ10入りを果たしている。

しかし2006年は彼の妻、ヘザーが癌に倒れて亡くなったこともあり、トーナメントへの出場は11回に留まった。

その翌年、クラークは10試合に出場し、予選通過は4試合のみで、トップ25入りは一度も果たせず、大いに苦しんだ。その年が、彼にとって年間10試合以上米国ツアーに出場した最後の年となり、その後は主にヨーロッパでプレーしている。

しかし、彼は火曜にアメリカに戻ってきたことを幸せに感じているようだ。そして「再スタートを切ることに遅すぎるということはないさ」と語った。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ザ・マックグラッドリークラシック

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!