ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・バークレイズ
期間:08/22〜08/25 場所:Liberty National Golf Club

パワーランキング/ザ・バークレイズ

By Rob Bolton, PGATOUR.COM Fantasy Columnist

ヒース・スローカムが「ザ・バークレイズ」を制した2009年に現行のフェデックスカッププレーオフ制度が始まり、彼はその後の同プレーオフ制度の前例を作った。スローカムは当時、ニュージャージー州のリバティゴルフクラブでの勝利により順位を124位から一気に3位に上げたのだった。

プレーオフは理論上ほとんどの大会において、未知数の選手を平等に扱うことになっている。導入から3年が経つ同制度は、撹拌を増大させている。ここでは忍耐はさほど重要ではないようだ。そしてこの制度はスローカムの前例によって、間違いなくファンにとって喜ばしいものになっている。

<< 下に続く >>

リバティナショナルはそのコース設定において非難を浴びた。ラフは4インチの長さに伸び、アンジュレーションの厳しいグリーンはシーズンを通して、ラフからのグリーンオンが最も難しいグリーンにランクした(34.85%)。パーオン率は55.3%で2009年シーズン2番目に難しいコースとなった。またスクランブル率は57.45%で難易度17位だった。そして平均スコアは72.282で、その年のパー71のコースでは難易度1位であった。

それらの批判に応えようと、今週の大会に向け、ボブ・カップとトム・カイトはコースの15ホールに変更を加えた。12個のグリーンでその勾配を縮小させ、フェアウェイを広げニューヨーク湾からの風の影響を少なくした。また、3番、5番、6番、7番、18番ホールは7~18ヤード短くなった。パー4の16番ホールは1ヤード長くなった。そして7353ヤードのコースは全体で66ヤード短くなり、イン36、アウト35のパー71のコースとなった。

今週の天候は、唯一木曜日の遅い時間に多少の雨の予報が出ている。それ以外は全体的に日差しに恵まれ気温も華氏80度前半が予想されている。風は予測不可能だが、現在のところ目立った予報は出ていない。

<1>ジェイソン・デイ
全米プロでは今年6回目のトップ10となる8位タイとなり先週は休養。21戦連続予選通過中。パットのストローク貢献率は38位。アジャステッド・スコアリングは14位。2009年のバークレイズでは12位タイ。

<2>ウェブ・シンプソン
先週は2イーグル、6バーディの「63」のラウンドを含む11位タイの成績。今季はトップ10に4回、トップ25に8回入っている。2009年のバークレイズでは折り返しまでリードするも最後は8位でフィニッシュ。

<3>ヘンリック・ステンソン
未勝利で最も乗っている男。ここ4戦では2位と3位を2回ずつ記録。フェアウェイキープ率6位、パーオン率2位。そしてアジャステッド・スコアリングは4位で、ラフからのスクランブル率は1位。

<4>アダム・スコット
18ホールにわたりリードした後、5位タイに入った全米プロの後は休養。マスターズでの優勝、全英での3位タイなど、今季メジャーでは最も良い成績を残している選手の一人。
<5>タイガー・ウッズ
今季もメジャーは未勝利ながらも、今季5勝したフェデックスカップのポイントリーダーとしてプレーオフに臨む。米国ツアーではアジャステッド・スコアリングで首位。2009年のリバティナショナルでは2位タイ。

<6>ジェイソン・ダフナー
メジャー王者となって初めての大会。オークヒルでの優勝とファイヤーストーンでの4位タイにより失望のシーズンから脱却。パーオン率は23位、パー4でのアジャステッド・スコアリングは3位タイ。

<7>ジム・フューリック
完全に波に乗っており、RBCカナディアンオープンとWGCブリヂストンインビテーショナルでは9位タイ、全米プロでは2位。アジャステッド・スコアリングは21位。2009年のバークレイズでは15位タイ。

<8>ビル・ハース
今季9回のトップ10はツアー1位で、更に5回のトップ25を数え、ここ2週もそれぞれトップ10入りとトップ25入りを果たす。パーオン率は10位、パー4でのアジャステッド・スコアリングは1位タイ。2009年のリバティナショナルでは24位タイの成績。

<9>リッキー・ファウラー
ポイントランクでは42位でプレーオフに臨む。ここ7戦では6回のトップ25入りを果たしており、全米プロでは19位タイに。全体としてはパットのストローク貢献率で17位、アジャステッド・スコアリングで23位。

<10>フィル・ミケルソン
彼はリバティナショナルのメンバーながら、2009年は52位タイに終わる。ここ17戦では、2勝、2位2回、3位2回と今季は成功を収めている。パーブレーク率は米国ツアーで首位。アジャステッド・スコアリングでは9位。

<11>ダスティン・ジョンソン
新婚の飛ばし屋は2009年のバークレイズでは15位タイの成績。2週前のオークヒルでは8位タイに入り、今季5度目のトップ10入り。現在、パットのストローク貢献率では46位、オールラウンドでは33位。

<12>キーガン・ブラッドリー
好調で臨む。ここ3戦はいずれもトップ20入りし、WGCブリヂストンインビテーショナルでは2位タイ。アジャステッド・スコアリングでは10位、そしてオールラウンドでは3位。プレーオフは2回挑戦して2回とも最終戦まで進出。

<13>マット・クーチャー
全米プロでは22位タイに入り、連続予選通過を23戦に伸ばす。今季は7回トップ10入りし、この中には優勝2回と2位2回が含まれる。パットのストローク貢献率は19位で、スクランブル率は8位。

<14>マット・ジョーンズ
先週の最終日は、キャリア最高スコアとなる「62」をマークし5位に入る。ここ7戦は4度のトップ10入り。これによりオールラウンドのランクは7位にジャンプアップ。パー4でのスクランブル率も7位タイ。

<15>ロリー・マキロイ
オークヒルで8位タイに入り復調。今季はアップダウンが激しいながら、パーオン率は47位、アジャステッド・スコアリングは22位、オールラウンドは23位タイ、そしてパーブレーク率は13位。49位でプレーオフに臨む。

<16>リー・ウェストウッド
今季米国ツアーでは6度のトップ10入りながらフェデックスカッププレーオフへはポイントランク35位で臨むことに。マスターズ以降、最終日をアンダーパーでラウンドできていないものの、トータルドライブ、アジャステッド・スコアリング、スクランブル率はいずれも16位。

<17>ロリー・サバティニ
先週8位タイに入り、ここ6戦では5回のトップ20入りと好調をキープ。先週は、グリーンヒット率、パットのストローク貢献率、そしてオールラウンドでトップ10入り。通年ではGIRで18位、パーブレーク率で3位。

<18>アーニー・エルス
2009年のリバティナショナルでは4人いた2位タイのうちの一人。全米プロでは予選落ちし、先週のウィンダムでは最終日を「65」でラウンドし20位タイの成績。現在アジャステッド・スコアリングでは37位。

<19>ハンター・メイハン
この大会出場により、これまでの25回のフェデックスカッププレーオフの大会に全て出場する唯一の選手に。2009年のリバティナショナルでは20位タイ。今季はトップ10に4回、トップ25に8回入っている。アジャステッド・スコアリングは38位にランクイン。

<20>ロバート・ガリガス
オークヒルでは25位タイ、先週は11位タイと成績が再浮上。全米プロでは平均パットが5位タイにランクイン。これがフェデックスカッププレーオフ進出の鍵に。今大会へは73番シードで臨む。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ザ・バークレイズ

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!