ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・ホンダクラシック
期間:02/28〜03/03 場所:PGAナショナルGC(フロリダ州)

ガスリーとトンプソンが、PGAナショナルで強敵相手のタフなテストに挑む

ルーク・ガスリーマイケル・トンプソンは、風が吹き続けた土曜日も困難に耐え、ザ・ホンダクラシック3日目を終えて首位タイに立っている。彼らのどちらかが、リーダーズボードの下から迫り来る圧力に耐えきれるかどうか、明日分かるだろう。

リー・ウェストウッドジェフ・オギルビーリッキー・ファウラー、チャールズ・ハウエル3世、Y.E.ヤンピーター・ハンソンキーガン・ブラッドリー、そしてジャスティン・ローズがガスリーとトンプソンと4打差以内にいる。そのグループはPGAツアーで通算21勝を挙げている。他のツアーでの1ダース以上の勝利を除いてだ。ガスリーとトンプソンは合わせて3勝・・・しかし、そのいずれもがこのような大舞台ではない。

しかし、ガスリーとトンプソンは頼るべきものがないわけではない。ガスリーは昨シーズンをウェブドットコムツアーで過ごし、そこでまだイリノイ大で授業を受けながらも、プロのキャリアを始めた。PGAツアーへとステップアップするのに長くは掛からなかった。彼はウェブドットコムツアーの最初の5試合で4度のトップ10入りを果たし、さらに6試合目と7試合目で優勝した。

ガスリーはまだ23歳。彼は、誰もがPGAナショナルのリーダーズボードでトップにいることを期待した23歳ではないだろう。しかし、ロリー・マキロイとは異なり、ガスリーは過去の実績からいくらかの経験を積んでいる。

「僕はここに来て、すぐ戦える自信があった」と、土曜日に71を出したあとにガスリーは語った。

時には、優勝は優勝である。それがどの舞台であろうとだ。今シーズン早々、ハワイでのラッセル・ヘンリーを検証する必要がある。

トンプソンの唯一の優勝はNGAツアーでのものだ。だが彼は昨年の全米オープンを2位で終えている。思い出すのに悪い記憶ではない。

「芝の状態はほとんど全米オープンと同じです」と、土曜日に70をマークしたトンプソンは言う。「みんな知っているように、僕は全米オープンをプレーするのが好きだし、そういうプレースタイルも好きだ」。
トンプソンにとっては不運だが、彼だけが難しいゴルフコースを好きなわけではない。一流プレーヤーであればあるほど、難しいコンディションが好きだ。それは、彼らにとってやっかいな敵を排除してくれるからだ。

「風が吹くのは大好きだ」とファウラーは言う。彼のフラットなスイングと弾道は、風に良く持ちこたえる。「風の中でプレーするのが好きだね」。

日曜日もいくらかの風が吹くだろう。予報では、10~20mphの風が吹くとされている(そして降水確率は40%だ)

さらに重要なことは、ファウラーの上がり方だ。遅いラウンドでのボギーを帳消しにするラスト2ホールでのバーディ、イーグルでの「69」。この日わずかに8人しかいなかったアンダーパーでのラウンドの一つだ。それは、今シーズン前半のサンディエゴで、彼が記録した12打の飛躍-6位で終える前の最初の2ラウンドを77-65で回った-に似ていなくもない。

「自信という意味では、(サンディエゴは)大きい」と彼は言う。「インスタグラムやTwitterで、どれだけひどかったかたくさんのコメントを貰った。でも65だ。すぐに立ち直り、6位タイで終えた」。

「多くのものを得た。前に進めるし、良いスイングをしていることが分かった」。

ウェストウッドとオギルビーも、前半こそ危なっかしいゴルフだったが、第3ラウンドで完全に火を吹いた。

シーズンオフに、通りの先に引っ越してこの冬の間中オールドパームで練習を行っていたウェストウッドは、土曜日の前半9ホールの最後の5ホールで、3つのボギーを叩いた。

しかし後半に入ると、2つのバーディで盛り返し、18番パー5での悲劇を避けた。2打目を池に打ち込むも、ドロップ後にパーセーブを果たし、70でホールアウトしたのだ。

「どんなコンディションでもチャンスがあるよ」とウェストウッド。「良いプレーが出来ている」。

「僕のキャリアを見てみれば、アメリカではあまり勝てていない。何度もチャンスはあったけど、最後まで仕上げることができなかった。こっちに越してきて、ここでプレーする機会も増えたので、もっと勝てるようになると思う」。

ウェストウッドの視点に立てば、彼はヨーロピアンツアーで22勝を挙げているが、PGAツアーではまだ2勝だ。「挑戦して、変えなければならない」と彼は語った。

オギルビーも同じく70を記録した。前半4ホールで1バーディを3つのボギーでサンドイッチしたにもかかわらずだ。残りで3バーディを積み重ね、ボギーはたった1つに抑えた。

「イーブンパーで回れば、落ちることはない」と彼は言った。「上に進むだけだ。それを目指した」。

それは誇張ではない。この日、PGAナショナルは2.5オーバー以上でプレーされたので、イーブンパーは順位があがることを意味した。

日曜日はまったく違ったものになるだろう。

「一番重要なことは、バックナインに入ったときに数打差以内にいることだ」とファウラー。「そこから、本当のトーナメントが始まるんだ」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!