ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:05/30〜06/02 ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

松山英樹を包んだ久々の緊張感「続けていくことが大事」

2019/06/03 08:48


◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 最終日(2日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7392yd(パー72)

松山英樹の2シーズンぶりの勝利はおあずけになった。4打差を追って11アンダー3位からスタートし、3バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「72」とスコアを伸ばせず。同組のパトリック・カントレーが逆転優勝を飾るのを横目に、久しぶりの優勝争いで悔しさを味わった。

首位と4打差で最終ラウンドを迎えることが決まった前夜、松山には少なからず変化が出ていた。「寝る前から今までと違って、体温が高かった。部屋の温度はいつも一緒なのに『ちょっと暑いな』と思いながら。起きてからも同じで、『久々にこういうのがあるのかな』という感じだった」。優勝がなかった昨季は、味わうことのなかった緊張感。それ以前にツアー5勝を挙げていても、体は正直だった。

「それ以外は何も、朝の練習も変わったところはなかった」というスタート直後、この日は1Wショットが曲がった。1番で右のフェアウェイバンカー、2番は左の林へ。どちらもパーセーブでしのいだが、6番でダブルボギーが先行した。

1Wで右のフェアウェイバンカーに突っ込み、残り135ydの第2打を9Iでグリーン手前の池に落とした。ボールがわずかに砂に沈んだライだったという。「行けると思って打ったんですけど…判断がダメだったのか、打つ技術がなかったのか」。追う立場としては痛恨の展開となり、争いから脱落した。

同じ11アンダーからスタートした同伴競技者のカントレーは前半9ホールで5バーディを奪い、前日首位のマルティン・カイマー(ドイツ)をバックナインで鮮やかにかわす「64」のプレーを見せた。

松山は「トップに立ってからもあまり変わることなく、同じペースで淡々とやっていた。ああいうのは参考になりますし、良いプレーをああやってできるようにやっていかなきゃいけない」と拍手を送る。そして「できると思うので頑張りたいと思います」とも言えた。今季4度目のトップ10は、2017年「WGCブリヂストン招待」以来のツアー優勝に、内容が近づいた実感がある。

「そんなに悪いゴルフではなかった。紙一重で良くない方向に行ってしまったと思う。これを続けていくことがすごく大事」

次週のオフを経て、メジャー第3戦「全米オープン」(ペブルビーチGL)に臨む。「今週は初日ときょう(最終日)に課題が多く見えたと思うので、それを1週間で少しでも克服していきたい」。借りは、もっと大きな舞台で返す。(オハイオ州ダブリン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。