ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/16〜05/19 ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)

51位発進のウッズ 前日ラウンド中止の理由は体調不良

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 初日(16日)◇ベスページ州立公園ブラックコース(ニューヨーク州)◇7459yd(パー70)

自身13年ぶりのメジャー2連勝に早くも黄色信号がともった。タイガー・ウッズは2つのダブルボギーをたたくなど初日を「72」で回り、2オーバーの51位タイとして首位のブルックス・ケプカとは9打差がついた。

4月「マスターズ」で11年ぶりのメジャー制覇を遂げて以来の出場。ギャラリーゲートから徒歩で25分ほどにある10番ティに、午前8時24分のスタートに合わせて大観衆が押し寄せた。ウッズは深い右ラフに入れた第1打から乗せられず、第3打をグリーン奥にこぼして4オン2パットのダブルボギー発進。15番でバーディを奪い返したが、第1打を深いガードバンカーに入れた17番(パー3)で再びダブルボギーをたたいた。

後半に入ると、ウッズの一打一打に地響きのような歓声が起きた。1番から2連続バーディ。さらに4番(パー5)で10mのイーグルパットを流し込むと、タイガーチャージを期待する会場のボールテージを一気に高めた。

しかし、終盤は再びギャラリーからため息が漏れる展開に。「コースはすごく難しい。少しのミスで、簡単にボギーが出てしまった」。5番から4ホールで2度の3パットを含む3ボギーをたたき、「きょうは良いスタートが切れなかった。イーグルで自分のラウンドができると思えたが、本当に残念ながら、その後のパットがダメだった」と下を向いた。

開幕前日は練習ラウンドの予定を公言していたが、急きょ中止してコースに現れなかった。代理人のマーク・スタインバーグ氏は米メディアに体調不良を否定したが、ウッズはこの日「気分が良くなかったし、体調も少し悪いようだった。それで休むことにしたんだ」と明かした。

現在の体調への言及はなかったが、本戦で成すべきことは決まっている。「グリーンは速さを増してくるかもしれない。とにかくフェアウェイに置くことだ」と、2日目以降の巻き返しを誓った。(ニューヨーク州ファーミングデール/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。