ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ザ・ホンダクラシック
期間:02/28〜03/03 PGAナショナル(チャンピオン)(フロリダ州)

56歳の“怪人”シン 最年長優勝記録を54年ぶりに更新か

◇米国男子◇ザ・ホンダクラシック 3日目(2日)◇PGAナショナル (フロリダ州)◇7125yd(パー70)

56歳のビジェイ・シン(フィジー)が、首位と1打差の2位につけた。08年「ドイツバンク選手権」以来となるツアー通算35勝目を挙げると、サム・スニードのツアー最年長優勝記録(1965年/52歳10カ月8日)を54年ぶりに更新する。

難関3ホールから成るベア・トラップ。最初の15番(パー3)で、シンは7Iで2mにつけるバーディを奪った。左にこぼした最高難度の17番(パー3)は、1mに寄せる小技に「自信があった」という。ここ10年余り苦悩を続けたパッティングは、2週間前から長尺パターに変更し「感覚がすごく良くなった」と27パット。この日ベストスコアの「65」で回り、32位から浮上した。

“フィジーの怪人”は、かつてツアーで最も練習量が多いと言われていた。米ツアー職員は「みんなで『彼はいつ帰るんだ』と言っていたことがある」と回想する。30歳での米ツアー参戦後、フロリダ州ジャクソンビルに拠点を置いた理由は「練習環境が一番、整っているから」。41歳にしてタイガー・ウッズを抜き世界ランク1位になった所以だ。だからこそ、若手に向けて助言を求められれば、「いま、子どもたちはあんまり練習をしないよ。自分がしていることを信じて、ひたすら打ち込むことだ」と厳しく指摘する。

首位のウィンダム・クラークは25歳。米ツアーにおける50代での優勝は過去7人。ふた回り以上、年下の選手との争いに「ハードワークだよ。あしたは、カートに乗せてもらおうかな」と珍しくおどけた。ただ「肉体的には優勝するチャンスはあるはずだ。新たなパターで、新たな週を迎えている。あしたは新たな一日だ」と独特の言い回しで、気を引き締めた。(フロリダ州パームビーチガーデンズ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。