ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ザ・ホンダクラシック
期間:02/28〜03/03 場所:PGAナショナル(チャンピオン)(フロリダ州)

出遅れの小平智 序盤3ホール“つまずき”響く

2019/03/01 09:07


◇米国男子◇ザ・ホンダクラシック 初日(28日)◇PGAナショナル (フロリダ州)◇7125yd(パー70)

大会初出場の小平智は3ホールで4打落とした序盤のつまずきが響き2オーバーの86位タイ。中盤以降に立て直したが、予選通過に巻き返しが必要になった。

<< 下に続く >>

出だし、右に出た1Wショットで流れを悪くした。前半2番、第1打は右サイドのカート道よりさらに右側の土の上に止まった。第2打を左サイドの池に入れダブルボギーとすると、最も難度の低い3番(パー5)でも第1打を右に飛ばしボギーを喫した。続く4番はフェアウェイから残り145ydの第2打でグリーンをこぼし、ボギー。肩を落としうなだれた。

8mを入れ初バーディとした5番(パー3)で一度は、流れを断ち切った。ともに137ydからPWでピンに絡めた8番からの2連続バーディで、1オーバーまで盛り返した。しかし、この日2番目に難しい後半14番では、ボールの落ち場所が不運。左サイドのバンカーを背にラフから第2打を打つと、スイング後に自らの左足がバンカー内に落ちる厳しい体勢だった。さらに第3打は右足をバンカーに入れ、左膝をラフにつきながらのバンカーショットを余儀なくされ、4mを外すボギーとした。

前週の世界選手権シリーズ「WGCメキシコ選手権」後は2月25日(月)に今大会コースに入り、同日から練習場で球打ちを開始した。開幕前の練習場では、トラックマンを後ろに置き1Wのヘッドに貼る鉛の最適な位置を探り、パターはイメージを新たなに取り組むなど、苦境でもがく姿がある。

終盤15番(パー3)からの連続3ホール、ツアーで指折りの難関ベア・トラップは落とさずに切り抜け、カットラインとは1打差。「このスコアなんで…。特に(取材で答えることは)何もないです」とだけ言い残し、練習場で調整した。(フロリダ州パームビーチガーデンズ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!