ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

このボールはどこから? パー4エース寸前のビッグドライブが珍場面

◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 3日目(23日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7345yd(パー71)

後半12番の短いパー4で、スーパーショットが珍場面を演出した。グリーン上でケビン・キズナーが1.5mのパーパットを打った直後、ティグラウンド方向からカップに向かってボールが転がってきた。実はコレ、後方組のパトリック・カントレーがグリーンに乗ると思わずに打ったティショットのボール。キズナーはカップに沈めた直後、いきなり現れたボールに驚いた様子だった。

幸運なキックがボールを加速させたのか、1Wを強振したカントレーも予想外の394ydドライブ。ボールはカップのわずか右を逸れ、PGAツアー史上2人目となるパー4でのホールインワン(2001年「フェニックスオープン」第1ラウンドの17番/アンドリュー・マギー)達成は惜しくも逃したが、ボールはピン奥1mにピタリと止まりイーグルを記録した。

このイーグルが効いて「65」をマークし通算9アンダーの3位タイに浮上したカントレーだが、プレー中の前方組に打ち込む形になったのは事実。結果的にキズナーのパーパットの妨げにはならず、胸をなでおろしたことだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCメキシコ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。