ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

ピンを抜かずパット 新ルールを生かした“科学者”デシャンボー

◇米国男子◇セントリートーナメントofチャンピオンズ 初日(3日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7518yd(パー73)

1月1日から施行されたゴルフ新規則では、挿したままのピンにグリーン上でパットしたボールが当たっても無罰になる(昨年までは2罰打)。2019年の初戦で早くも実践したのは、独自の理論で“ゴルフ科学者”の異名を持つブライソン・デシャンボー。数ホールでピンを残したままパットを沈め、4アンダーの6位タイにつけた。

ピンを抜かない理由に強風を挙げ、「下りのパットではすごく(ピンが)役に立つと思った。可能性を最大限に生かした」。後半11番(パー3)では7m、14番で3mを入れ、ともにバーディ。「状況次第であり、学んでいるところ。(きょうは)うまく活用できたと思う」と満足気だ。

ピンを抜かずにグリーン上でパットを打つ練習はこれまでに20回程度行い、「それほど難しくないよ」という。ただ、このルール変更はアマチュアのプレーペース向上を狙いとする見方が一般的だ。これまで通りピンを抜く選手との同伴プレーに問題はないのか、と問われ「きょうはダスティン(・ジョンソン)と一緒だったけど、特に何もなかったよ。すべての選手に敬意を払いながらプレーしている」と説明した。

第1ラウンドのスコアに対するパット貢献度は、全体1位となる『+3.868』を記録。PGAツアーは公式サイトに「1ラウンドではサンプルとして足りないが、ブライソン・デシャンボーは天才だ」との記事を掲載した。(ハワイ州カパルア/林洋平)

関連リンク

2019年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~