ニュース

米国男子WGCブリヂストン招待の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 WGCブリヂストン招待
期間:08/02〜08/05 場所:ファイヤーストーンCC(サウス)(オハイオ州)

ウッズ 視線はメジャー最終戦へ「来週に勢いつける」

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 3日目(4日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

タイガー・ウッズの復活優勝は持ち越しとなりそうだ。過去8勝と抜群の相性を持つコースでムービングデーに「73」とスコアを落とした。バーディは4mを沈めた12番(パー3)だけ。4つのボギーをたたいて通算3アンダーの28位タイに後退した。

<< 下に続く >>

「良いウォーミングアップができず、ボールをきれいに打てなかった」というウッズは、トップと5打差から苦しいゴルフを展開した。ショットがまとまらず、第1打を左のラフに外した7番(パー3)でボギーを先行。「初日のプレーに似ていた。ただ、すべてうまくいった(66をマーク)初日と違い、きょうは何もできなかった。良いショットも少しあったけれど、ボールをコントロールしている感じがなかった」と、ため息をついた。

首位ジャスティン・トーマスとの差は11ストロークにひろがり、視線を早くも次週のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」に向けた。「この年齢(42歳)になると、次の日までに回復することが大事になる。来週の木曜日(大会初日)へのエネルギーもためないといけない」とベテランの戦い方を口にしつつ、「あしたは良いスコアを狙いたい。来週に勢いをつけたいね」と話した。

ファイヤーストーンCCでは2度の3連覇を含む8勝をマークした。キャリア最後のツアー優勝が2013年のこの試合だ。ウッズが愛し、愛されたトーナメントは来年から装い新たに「WGCフェデックス セントジュードクラシック」に変わり、会場をテネシー州メンフィスのTPCサウスウィンドに移す。当地では米シニアツアー「シニア・プレーヤーズ選手権」が開催されることになる。

「あしたを最後に、しばらくここでプレーしなくなる。シニアツアーに出るようになったら戻ってくるけどね。本当に残念だ。ここは最高のクラシックコースのひとつ」。残された“最後”の18ホールに惜別の思いを込める。(オハイオ州アクロン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 WGCブリヂストン招待




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!