ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹は首位と14打差「残念です」

2018/04/08 08:55


◇メジャー第1戦◇マスターズ 3日目(7日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

オーガスタに近づいた低気圧の影響で、灰色の雲と湿った空気に包まれた3日目。松山英樹は最終18番で90cmを外してボギーとし、3バーディ、3ボギーの「72」。スコアはイーブンパーのまま、順位を3つ落として21位とした。

9打先の首位を追いかけて出た3日目だったが、うまく波に乗りきれない。前半は獲りたかった2番、8番と2つのパー5でティショットをバンカーに入れてパーどまり。スコアを伸ばせず折り返し、10番は2打目をグリーン奧に外してボギーとした。

12番(パー3)で6mのバーディパットがわずかにカップをかすめると、膝を折って悔しがった。ようやくスコアを戻したのは15番(パー5)。フェアウェイからの2打目をピン下5mに運んで、イーグル逃しのバーディとした。

16番ではティショットをピン左1.5mにつけて連続バーディ。だが、「15、16番だけですね。(ショットが)良かったのは」と淡々。1アンダーから最後のボギーでイーブンパーへと落とし、首位との差は14打に広がった。

「きょう5、6アンダーを出していれば面白い位置にいられたけど残念です」と、視線は宙をさまよったままだった。

2月にケガをした左手は「あまり気にしてなかったので良かった」というのが朗報だが、メジャー初制覇の夢は消え入りそうな位置にある。「(ケガからの調整は)いろいろ考えはありますけど、うまくいかなかったですね」と、松山の大きな体から落胆がにじんでいた。(ジョージア州オーガスタ/今岡涼太)

関連リンク

2018年 マスターズ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~