ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

宮里優作は松山英樹との対戦に「先輩風を吹かします」

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 事前情報(20日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

2週前の「WGCメキシコ選手権」を終え、日本に一時帰国した宮里優作は宮崎県で一人合宿。「落ち着いていろいろ考えて、整理できたのがよかった」と、飛距離が伸びる高地での戦いから、いつもの自分へのリセットも済ませて、テキサスへと乗り込んできた。

欧州ツアーのメンバー登録もしている宮里にとって、WGCは重要な稼ぎ場所。「上に行けば行くほどポイントも高くなって、(シーズン)後半に出られる試合も増えてくる。ちょっとでも上に行きたいという気持ちはある」と、モチベーション高く臨んでいる。

その初戦は、東北福祉大の後輩でもある松山英樹と対戦する。開幕前日は同組で和んだ雰囲気で練習ラウンドを行ったが、「あすも(同じ雰囲気で)やりますよ」と宮里はいう。「2mくらいでも『これオッケー?』『いやー、それは…』みたいな(笑)。先輩風を吹かします」と冗談めかした。

予選ラウンドは4人1グループの総当たりで、決勝ラウンドに進出できるのはポイント最上者ただ一人(勝ち1点、引き分け0.5点、負け0点)。「見ている方は(どっちを応援していいのか)微妙かもしれないけど、やっている本人たちはバチバチですから」という真剣勝負に注目だ。(テキサス州オースティン/今岡涼太)

関連リンク

2018年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~