ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

堅実さとリスクと 故障明け松山英樹の“試合勘”

2018/03/17 09:25


◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待byマスターカード 2日目(16日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ◇7419yd(パー72)

松山英樹が左手親指付け根の故障からの復帰戦で、決勝ラウンド進出を決めた。22位タイから4バーディ、4ボギーの「72」で回り、通算2アンダーの31位タイ。順位は下げたが、大会前に定めた「4日間のプレー」という目標をまずはクリアした。

風が舞う午後のスタートとなった2日目も、前日に続きタイガー・ウッズジェイソン・デイ(オーストラリア)と同組のプレー。喧騒の中で松山は慌ただしい展開を続けた。「1番からドタバタでした」と、スタートホールでバンカーからの3打目を直接沈めてバーディで発進しながら、8番から2連続ボギーとするなど勢いづけなかった。

グリーン奥からチップインバーディを決めた10番でガッツポーズを作ったかと思えば、続く11番では4Iでのティショットを左の池のフチに入れ、左足のシューズとソックスを脱いでウォーターショットを披露。フェアウェイにうまく置いたが、2パットボギーとした。終盤17番パー3で5mのバーディパットをねじ込み、なんとかこの日はイーブン。「久しぶりに歩いて(前日から)2ラウンドしたので足が疲れました」と笑った。

患部の痛みはこの日も「大丈夫でした」と安堵した。再発を防ぐ目的も含め、スイングに修正を加えているという。2日間のフェアウェイキープ率は42.86%。パーオン率は47.22%と低調。「(1カ月半前に)痛みが出たのは、そういうスイングをしていたということ。体の状態がどこまで大丈夫なのかもわからないので、スイングを変えながらやっている。(ショットが)悪くなっても仕方ないのかなという感じ」と試行錯誤中だ。

1カ月半の間、実戦から離れていたため、“試合勘”への影響はもちろんある。1Wショットを左に曲げた4番(パー5)のシーン。ピン方向が木にさえぎられた2打目で、左の5番ホールのフェアウェイに脱出し、3オン2パットでパーを拾った。スマートな判断に拍手が飛んだが、本人には不満もある。「ああいうところで、リスクは高いですけど、4番のフェアウェイに戻せるようなショットがね…(今は打とうと思えない)。左(5番ホール)を選択せざるを得ないのが現状。(好調なら)大きいスライスをかけたいところ」

トップとの差は9打に広がったが、しっかり予選を通過した満足感もある。「4日間できるんで、課題がもっと見つかると思う。この2日間の課題を取り除けるようにしたい」と、ゴルフとの向き合い方は相変わらず前のめりだった。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

関連リンク

2018年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~