ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/24〜11/27 キングストン・ヒースGC(オーストラリア)

石川遼、次は日本代表戦!14年ぶり栄冠目指す

石川遼の次戦は24日(木)にオーストラリアで開幕する「ISPSハンダ ゴルフワールドカップ」。松山英樹とペアを組み、2002年の丸山茂樹伊澤利光ペア以来となる日本代表3度目の栄冠を目指す。

10月の「日本オープン」以降、日本人初となるWGC制覇を含む4戦3勝、2位1回と絶好調の松山に対し、石川は腰痛から復帰後の米ツアー3戦で10位、予選落ち、50位という結果。それでもメキシコで開催された前週の「OHLクラシックatマヤコバ」では「一番収穫があった」と、自身のプレーを取り戻す大きなきっかけをつかみ、確かなステップを上る中で大一番へ向かう。

W杯は28の国と地域が参加して、72ホールのストロークプレーで争われる。初日と3日目はそれぞれが自身の球を打つベストボール(フォアボール)、2日目と最終日は1つの球を交互に打つフォアサムで、チームスコアを記録していく。

「OHLクラシックatマヤコバ」の最終日、石川は「常に半信半疑との戦いだけど、その中でもコースに出たら自信を持ってやっていかないといけない。どう打ったら良いか分からない、小手先でまとめる、というゴルフではワールドカップでは絶対に貢献できないと思うけど、今日の内容に関しては前に進めている感じはした。今日のゴルフができれば、あとはそこからの気持ち、パッティングの勝負になると思う」と、前向きな手応えを口にした。

メッセージアプリなどで、頻繁に連絡を取り合っているという2人。石川は松山との会話の中で、いかに自分がコースに対して警戒心を持ちすぎているか、成長するために挑む姿勢が足りなかったか、ということを実感したという。

関係者によると、日本からオーストラリアへの応援ツアーも好評で、すでに数十組が予約しているという。開幕に向けて、熱気はさらに高まっていきそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。