ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 アーノルド・パーマー招待
期間:03/17〜03/20 場所:ベイヒルC&ロッジ(フロリダ州)

ミルクシェイク片手に帰路 松山英樹「糖分が必要」な理由

米国男子ツアーの「アーノルド・パーマー招待」は17日、フロリダ州のベイヒルクラブ&ロッジで開幕する。4試合にわたる同州シリーズの最終戦。前日16日のプロアマ戦でコースチェックを終えた松山英樹からは、ショットの不振から来るイライラモードが発動された。

「懐かしいでしょ、若返るでしょう?」。2週ぶりの出場試合を前に散髪した松山は、アマチュア時代、プロ転向直後を思い起こさせるサンバイザー姿で調整した。

<< 下に続く >>

ところが、コースで、練習場で、コントロールされないボールを放つたびに、フラストレーションがたまっていく。プロアマ戦の間も、スマホで何度もスイングをチェック。ラウンド後のドライビングレンジでは、頭に血が上った様子で、アイアンショットの途中で思いきって練習を打ち切った。「悪いんで、仕方ないです」。頭頂部を逆立ててセットしたヘアスタイルが、こんな日は妙にマッチした。

前週のオープンウィークは州内の自宅で静養に努めた。「練習もほとんどせずに、休んでいました」というが、その理由のうち、先月下旬に発症した股関節痛の影響は「1割くらい」。先を見据えたコンディション調整を優先した。

今大会は21位で終えた昨年に続く2度目の出場。フロリダで出場した直近2試合(ザ・ホンダクラシック/PGAナショナル、WGCキャデラック選手権/トランプナショナルドラール)、そしてこのベイヒルは、いずれもフラットで池が多く、ロングドライブが歓迎されるという共通点がある。

その上で松山は「この3つの中では、ラクかなと思います。ラフは深いけれど、バンカーが効いているコース。(ウォーターハザードへの)プレッシャーはありますけど、まだ僕にとってはやりやすい方かな」という。

勝負の行方は「自分の調子次第」。だから、状態が上がらないことが腹立たしい。

帰り際、松山は選手ラウンジで振る舞われるミルクシェイクを片手に車に乗り込んだ。「糖分が必要なんです。イライラしてるから!」。とはいえ、この日のプロアマ戦をアンダーパーで回ったのも事実。ジェイソン・デイ(オーストラリア)、ザック・ジョンソンといった昨年のメジャー覇者2人と回る初日のスタートは午後0時56分。遅めのティオフ時刻を、どうぞ穏やかにお迎えください。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 アーノルド・パーマー招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!