ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 アーノルド・パーマー招待
期間:03/17〜03/20 場所:ベイヒルC&ロッジ(フロリダ州)

86歳のアーノルド・パーマー マスターズの名誉スターターを辞退

メジャー通算7勝のアーノルド・パーマーは15日(火)、4月の「マスターズ」のオープニングセレモニーとなっている名誉(オナラリー)スターターを辞退したことを明らかにした。

マスターズでは2012年大会から、パーマー、ゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)、ジャック・二クラスの“BIG3”が全選手のスタートの前に1番ティからショットを放つのが恒例行事になっていた。

<< 下に続く >>

しかし現在86歳と高齢のパーマーは今週、自身のホスト大会である「アーノルド・パーマー招待」で、毎年行われていた試合前会見を行わず、大会を通じてコメントを発表。

「今年はセレモニーのティショットをあきらめると、ビリー・ペイン(マスターズ委員会会長)には電話で連絡した。彼は残念がってくれたが、私が(セレモニーに)出席することについては喜んでくれた。木曜日の朝には1番ティに行って、ジャックとゲーリーが打つのを見に行くよ」とした。

ゴルフ界の“キング”は、1955年から2004年の50回マスターズに出場し通算4勝をマーク。「確かに残念だけれど、時は流れるものだ。パー3コンテストに出るのも去年はやめた。もちろん永遠に続けばいいが、もう私が思い描いたようなショットを打つ体力はないよ」と話したが、近代ゴルフを牽引した数々の伝説は色あせるはずがない。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 アーノルド・パーマー招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!