ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 マスターズ
期間:04/07〜04/10 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

オーガスタナショナルGCが隣接コースの土地を買収か

男子メジャーの「マスターズ」を開催するジョージア州オーガスタナショナルGCが、用地拡大のため、隣接するオーガスタCCの一部の買収を進めていると、米ゴルフウィーク誌(電子版)が関係者の話として伝えた。

同誌によると、オーガスタナショナルGCが拡張を目論んでいるのは、コースの最も南に位置する土地。13番(パー5)のティグラウンドを後方に下げるための敷地だ。買収額は2700万ドル(約30億円)ともされる。

11番ホールから連続する3ホールは、「神への祈りが必要なほど難しい」と言われる“アーメン・コーナー”として知られるが、左ドッグレッグの13番は全長510ydと、現代のパー5としては短い。

2014年大会では優勝したバッバ・ワトソンが、左サイドの林を越える圧巻のティショットを披露し、2打目をウェッジでショットするシーンが話題になった。15年大会の同ホール平均スコアは4.5461(対パー:-0.4539)で、18ホールのうち最も易しかった。同年5位に入った松山英樹も最終日にイーグルを決めている。

「マスターズ」通算6勝のジャック・二クラスは「最近の選手たちの飛距離をもってすれば(13番の)ティショットは、本来求められるものよりも易しい」とコメント。「けれど、拡張に伴って(13番ティに隣接する)12番のグリーンまでも後方に下げてほしくはない」と見解を示した。

両クラブは現段階でコメントを発表していていない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。