ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ノーザントラストオープン
期間:02/18〜02/21 リビエラCC(カリフォルニア州)

スピース、79の大叩きでブービー発進「これは忘れるべき日」

世界ランク1位のジョーダン・スピースが、カリフォルニア州のリビエラCCで開催された米国男子ツアー「ノーザントラストオープン」の初日に2バーディ、8ボギー1ダブルボギーの8オーバー「79」(パー71)と出遅れた。暫定順位はブービーの142位タイ。

「これは忘れるべき日。何年かに1回あるような、そんなラウンドだ」とスピースは振り返った。前半4つ、後半4つのボギーを重ねると、最終18番は3オン3パットのダブルボギーとなった。

「驚くべきことだけど、自分の調子には本当に自信を持っている。練習場でも良かったし、特に悪いところはなかった。ただ、左に行っちゃいけないところでドローが掛かり過ぎたり、右に曲げちゃいけないところでフェードが掛かり過ぎたりした。タイミングが悪かった」

スピースは「先週の方が悲惨だった」と言葉をつないだ。今年初戦の「ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ」で2位に8打差をつけて圧勝したスピースは「これを毎週やらないといけないんだ」と、その後の数試合は自分にプレッシャーを掛け過ぎていたという。

前週の「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」でも、3日目にペブルビーチで「74」をたたき優勝戦線から脱落した。「それで気づいたんだ。すべてのグリーンが縦50yd×横50ydあるわけじゃないから、ミスをしたらグリーンには載らない。毎週、すべてのパットを決めなくちゃいけないわけでもない。だから、今日はたとえ思うようにいかなくても、静かに、次のショットに集中した。結果はうまくいかなかったけど、少なくともそれが自分のやっていたことだ」。

技術的な面でうまくいかなかった要因に挙げたのは、グリーンの軟らかさだ。「1番ホールでは、いつもより1番手大きいクラブで打って、カップのそばに落ちた球が3.5mくらいで止まった。これまではラフから打ってカップそばに落ちたら、グリーンをオーバーして致命傷になったのに…」。慣れ親しんだ感覚と違うコースコンディションを信用するのに多くの時間を要したという。

「でも、繰り返すけど、これは忘れるべき日だ。僕はまだ試合を捨ててはいない。このコースで10アンダーを出せると信じている。今、9アンダーで回っている人(最終9番でボギーをたたく前のカミロ・ビジェガス)がいるけど、自分もそれができると思う。ほんの少しも動揺はしていないよ」。世界ランク1位の巻き返しに期待しよう。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ノーザントラストオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。