ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ソニーオープンinハワイ
期間:01/14~01/17  場所: ワイアラエCC(ハワイ州)

スピースがゴルファー長者番付で初の1位、62億5000万円稼ぐ

12年間トップを守り続けてきたタイガー・ウッズを抜き1位となったジョーダン・スピース(※撮影は2015年ツアー選手権byコカ・コーラ)

恒例になっている米ゴルフ・ダイジェスト誌の2015年のゴルファー長者番付トップ50が12日、発表された。03年にランキングが始まって以来、12年間にわたって首位を維持していたタイガー・ウッズ(40)に替わり、ジョーダン・スピース(22)が初めて1位に輝いた。

各選手の賞金額に加え、スポンサー料やメディア出演料といったツアー外での収入を推計した。

同誌(電子版)によると、スピースが稼ぎ出したのは5303万465ドル(約62億5000万円/1ドル=118円換算)。2位には5230万1730ドル(約61億6000万円)のフィル・ミケルソンが続いた。ウッズは4855万1098ドル(約57億2000万円)で3位。うち賞金は55万1098ドル(約6000万円)で、約56億6000万円をコース外で稼いだ。

日本勢では、松山英樹が912万1146ドル(約10億7000万円)で22位、石川遼が613万4487ドル(約7億2000万円)で34位にランクインした。

スポーツ選手の長者番付で1位、2位を独占するボクシング界の英雄2人(Getty Images)

ちなみに昨年6月に発表された米フォーブス誌のスポーツ選手長者番付によると、1位はボクシングのフロイド・メイウェザーで年間3億ドル(約354億6000万円)を稼いだ。2位もボクシングのマニー・パッキャオの1億6000万ドル(約188億8000万円)で、サッカーのクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が7960万ドル(約94億1000万円)で3位、テニスのロジャー・フェデラーが6800万ドル(約79億2000万円)で5位などとなった。

このランキングでは2001年以降、ウッズが12回トップに立ち、残りの3回がメイウェザーとなっている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~