ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ノーザントラストオープン
期間:02/18〜02/21 リビエラCC(カリフォルニア州)

「ゴルフをやる体では…」松山英樹“ふらつき”ながらも2アンダー

米国男子ツアー「ノーザントラストオープン」初日、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、マット・クーチャーと同組となった松山英樹は、病み上がりの体調が心配される中、6バーディ、2ボギー1ダブルボギーの2アンダー「69」(パー71)。首位と6打差の暫定27位タイと、まずまずの位置で滑り出した。

「風邪自体はもう大丈夫かなというところまで来た」と松山は言う。「ただ、ゴルフをやる体ではない。練習できていないから、トレーニングもできていない。ちょっと足がふらついている感じはある」。だが、コースに出ればきちんとスコアを作ってくる。

昨夜から早朝にかけて降った雨がグリーンを湿らせて、コンディションは変化した。「グリーンは軟らかいけど、スピードはすごく速い。不思議な感じがした」。その戸惑いはアプローチでピンをショートして、パットはオーバーという序盤のプレーに見てとれた。

それでも、10番スタートの前半は2つのパー3でバーディを奪うなど2アンダーで折り返し、1番(パー5)も手前4mに2オンしてイーグル逃しのバーディ奪取。一時は3アンダーまでスコアを伸ばした。

つまずきはほんの一瞬。4番(パー3)でアプローチを寄せきれずにボギーとし、続く5番は3オン3パットのダブルボギーを喫した。80cmの大きく右へ曲がるパットを外したが、「あまり怒ることもなく、普通にやった」と冷静だった。

サングラスを掛け直し、気合いを入れたかのように見えた6番(パー3)。5Iで203yd先のピン下5mにつけてバーディとすると、最終9番は左下から6mのバーディパットをねじ込んで、上がり4ホールで2バーディと帳尻を合わせた。

「ゴルフは風邪を引いていても、何をしていても関係ない。風邪を引いている方が良いってこともあるし、体調ばっちり・ゴルフも絶好調!っていうときに限ってオーバーパーを打ったりする。スコア的には体調は気にしない」。額に汗を浮かせながら、松山はさらりと言ってのけた。

この日は注目組として、ほぼ全ホールにテレビカメラがついて回った。「ロリーと回るとそういうものがついてくるし、注目されているというよりは、いつも通りだなって感じ」と意に介さない。

「今日は、なんとなく2アンダーで回ったなという感じ。まずコンディションを整えて、それからゴルフ。今日帰ってうまくコンディションを整えたら大丈夫だと思う」。“松山のゴルフ”はこれからだ。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ノーザントラストオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。