ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ファーマーズインシュランスオープン
期間:01/25〜01/28 トリーパインズGC サウス・コース

ツイストフェースがツアー3勝目 ジェイソン・デイ『M3』で平均319.9ヤード

6ホールに及ぶプレーオフの末、パー5の18番ホールでバーディを奪ったジェイソン・デイアレックス・ノレンを退け、「ファーマーズインシュランスオープン」を制覇した。

日曜のプレーオフは日没サスペンデッドとなったが、デイは18番で113ヤードのウェッジショットをピンにからめて引き分けに持ち込むバーディを奪うなど、長丁場となったノレンとの一騎打ちを通して、いくつものクラッチショットを放った。月曜もその勢いを維持し、2打目を池に入れたノレンを尻目に、3打目をウェッジでピンそば数十センチに寄せた。

しかしながら、プレーオフで見せたウェッジショットは、デイの日曜のプレー振りから見ると例外的なパフォーマンスであったと言える。特に日曜はアイアンが安定せず、パーオンが10ホールにとどまる中、スパイダーツアーレッドパターを武器に(日曜のストローク・ゲインド・パッティングは1.765)難局を切り抜けたのである。

とは言え、デイがPGAツアーで初めて投入したテーラーメイドの新M3ドライバー(シャフトは新興メーカーのTPT)は彼にとって明るい材料となった。デイにとってフェアウェイをとらえるのは一筋縄とは行かなかったが(1週間を通したフェアウェイキープ率は5割強)、平均飛距離は319.9ヤードと、圧倒的な飛距離を稼ぎ出した。ちなみに、デイはドライバーのソール中央に配されたウェート位置をニュートラルに設定していた。

この勝利により、テーラーメイドの新機軸であるツイストフェースと呼ばれるテクノロジーの搭載された新モデルのM3/M4ドライバーはPGAツアー3勝目となった。(米ゴルフダイジェスト誌:E.Michael Johnson 翻訳:平床大輔)

使用ギア一覧
ドライバー: テーラーメイド M3 460ドライバー(10.5度)
シャフト: TPTプロトタイプ
フェアウェイウッド: テーラーメイド M1フェアウェイウッド2017(3番、15度)
アイアン: テーラーメイド P750ツアープロトアイアン(3番~PW)
ウェッジ: テーラーメイド ミルドグラインドウェッジ(48度、52度、60度)
パター: テーラーメイド スパイダーツアーレッド
ボール: テーラーメイド TP5x

(C) 2018 Golf Digest Publications. All rights reserved

テーラーメイド
ツイストフェースで芯を外しても狙ったところに飛んでいく
発売日:2018/02/16 参考価格: 77,760円

関連リンク

2018年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~