ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/13〜08/16 ウィスリングストレイツ(ウィスコンシン州)

プレーオフ危機のウッズ 86位と出遅れ「パットが最低」

海外メジャー今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」初日。大会4勝を誇るタイガー・ウッズは2バーディ、5ボギー「75」とし、首位と9打差の3オーバー86位と大きく出遅れた。

今週を前にフェデックスカップランク186位におり、2週間後に始まるプレーオフシリーズ進出ラインの同125位ははるかに遠い。圏内に入るには、今週を含めた残り2試合で最低でも279ポイント以上を稼ぐ必要がある。今週の試合で279ポイントを得るには、330ポイントが配分される2位以上の順位が求められる状況だ。

「今日はショットはすばらしかったが、パットは長年続けている中で最低の内容だった」と吐き捨てたウッズ。この日33パット、スコア全体に対するパット貢献度は-2.526とし、出場156人中で143番目の低調な数字だった。

「グリーンの速さをまったく把握できなかった。明日は入ってくれることを望むだけだね」。

2年ぶりのプレーオフ進出へ窮地にいるウッズは、今週の成績によって次週のレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」出場の可能性を示唆。同大会は主にプレーオフ進出をかけた最終決戦の舞台となっており、長くプレーオフの常連だったウッズは1度も出場したことがない。(ウィスコンシン州シボイガン/塚田達也)

関連リンク

2015年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~