ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全米オープン
期間:06/18〜06/21 場所:チェンバーズベイGC(ワシントン州)

ウッズ 全米オープン自己ワースト「80」の大叩き

ワシントン州にあるチェンバーズベイGCで開幕した第115回「全米オープン」の初日、大会3勝を誇るタイガー・ウッズは、1バーディ、8ボギー、1トリプルボギーの「80」(パー70)の大乱調。「全米オープン」での自身ワーストスコア(アマチュア時代の1996年「77」、プロ転向後は2006年等の「76」)を更新し、10オーバーで出場156人中152位と低迷した。

ショットを曲げ、クラブを飛ばし、フェアウェイからはボールをトップさせて目の前のバンカーに入れてしまう。信じられない光景の連続とは対照的に、ウッズは笑みさえ浮かべながらプレーした。

<< 下に続く >>

「精一杯戦った。その結果がこのスコアだった。これ以上出来ないほど努力はした。一生懸命プレーはしたけど、不幸にも今日のスコアは悪かった」。

プロ転向した96年以降、昨年までにウッズが80台を叩いたのは2002年の「全英オープン」3日目の「81」1度だけ。メジャーにおいてはそれが、ウッズのワーストスコアであり、この日の「80」はそれに次ぐ2番目に悪いスコアとなった。一方で、ウッズが80台を叩いたのは今年、実に3回目となった。

それでも、復調に向けて進歩している段階だと言う。「正しく出来ているときは、とても簡単だ。コントロールするのは容易だし、すべてのショットを打つのが易しい。それをもっと安定して出来るようにならないといけないし、それが肝心だ」。

この1日を「あまり嬉しくないのは確かだよ」と振り返った。だが、同組で回ったリッキー・ファウラーは「81」とさらに乱れた。「もし、良かった点を挙げるとしたら、少なくともリッキーには勝てたことだね」。ジョークも少し寂しかった。(ワシントン州ユニバーシティプレイス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!