ニュース

米国男子AT&T バイロン・ネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 AT&T バイロン・ネルソン選手権
期間:05/28〜05/31 場所:TPCフォーシーズンズリゾート(テキサス州)

記録的豪雨でパー4をパー3に変更 ホールインワンも

テキサス州アービングで行われている米国男子「AT&T バイロン・ネルソン選手権」は、28日夜からの豪雨の影響で、29日の第2ラウンドを本来の7166yd(パー70)から「6864yd(パー69)」に変更して行った。406ydのパー4だった14番ホールのフェアウェイの状況が悪化し、改善の見通しが立たなかったことから、104ydのパー3に急遽変更した。

28日夜に降った雨は、ダラス郊外にある同地の5月の降水量(1日)としては過去最高となる114ミリを記録。大会は29日早朝から、第2ラウンドのスタートのため、水浸しになったコース状況の改善を図ったが、14番ホールは川からあふれた泥がフェアウェイの中ほどに堆積し、11番のティグラウンド脇の売店から流されてきたビールケースなどもティグラウンドなどに散乱したため、改善の見通しが立たなかった。

<< 下に続く >>

米国男子ツアーで大会中に、パー4からパー3への変更を余儀なくされたのは、同様に豪雨に襲われた2005年「WGC アクセンチュアマッチプレー選手権」(カリフォルニア州・ラコスタリゾート&スパ)以来で、10年ぶりの珍事となった。

グリーン手前に川が流れる14番は、第1ラウンドの平均スコアが4.282で初日は最難関ホールだったが、ほとんどの選手がウェッジを利用するパー3ホールとなった。また、14番以外にも、6番ホールでティグラウンドを30ヤード移動し、11番ホールでもティ位置を見直し、約3時間半遅れで第2ラウンドのスタートにこぎつけた。

結局、第2ラウンドは約30人の選手がホールアウトできず日没サスペンデッドに。パー3となった14番では、ゲーリー・ウッドランドがホールインワンを記録した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 AT&T バイロン・ネルソン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!