ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ウェルズファーゴ選手権
期間:05/14~05/17  場所: クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

石川遼、泰然と「明日は明日の風が吹く」

2015/05/14 09:12

終始リラックスした様子で余裕漂う石川遼。 終始リラックスした様子で余裕漂う石川遼。今は不安も迷いも感じられない

ノースカロライナ州シャーロットにあるクエイルホロークラブで14日(木)から開幕する米国男子ツアー「ウェルズファーゴ選手権」の前日、石川遼はプロアマ戦に出場した。笑顔で多くのギャラリーにサインをし、気安く写真撮影に応じるなど、終始リラックスムードの漂う1日となった。

「だいぶ、サインはしましたね」。練習日から多くのギャラリーが訪れたが、中でも目に付いたのは大勢の子供たちだ。12歳以下はチケットを持つ大人と一緒ならば入場無料。火曜日には、ゴルフ初心者向け入門プログラム「ファーストティ」に300人の子供たちが参加。子供たちのリクエストに応じる石川も、実に楽しそうだった。

2013年に出場したときは、通算3オーバーで50位タイ。今年は2年ぶりの出場となる。「ラフは浅めだけど、グリーンは硬い。バーディを獲れる選手が強いと思う」。ここ2試合、バーディを量産している石川だけに、言葉の裏には確かな自信も見え隠れした。

子供たちからのサインの求めにも楽しそうに 子供たちからのサインの求めにも楽しそうに応じていた

ショットに関しては「練習を重ねていく中で、何も変えていない。あとは本当に積み重ねだけ」と、見事なまでにブレがない。「調子はその日によって同じじゃないけど、やることは変わらない。うまくいくときもあれば、うまくいかないときもある、というスタンスです」と潔かった。

「予選2日間が終わって、2アンダーで予選落ちするようなコースじゃない」と、毎日がパープレーとの戦いだと認識している。今日の感じだとアンダーパーで回れそう?と問われた石川。「それは蓋を開けてみないと分からない。明日は明日の風が吹くので――」。力の抜き方が絶妙だった。(ノースカロライナ州シャーロット/今岡涼太)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~