ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ウェルズファーゴ選手権
期間:05/14~05/17  場所: クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

松山英樹 石川遼との同組練ランは吉兆?

リラックスムードの練習ラウンドとなった松 リラックスムードの練習ラウンドとなった松山英樹と石川遼

松山英樹石川遼。2人の関係はときにライバル、ときに戦友と表現されるが、やはり仲良しであることも否定できない。今週、ノースカロライナ州シャーロットにあるクエイルホロークラブで開催される「ウェルズファーゴ選手権」に出場する松山と石川が12日(火)、一緒に18ホールの練習ラウンドを行った。

試合に入れば近寄りがたいオーラを出す松山が、石川の横では少年のような笑顔を見せる。同学年でジュニア時代からともに戦い、米ツアーにフル参戦する2人だけの日本人選手。お互いのクラブを観察したり、他選手の情報を交換したり、ちょっとした勝負をしたり…。

先週からの好調を維持する石川と、まだショットがしっくり来ず、20本以上のクラブを試しながらのラウンドを行う松山。グリーン上でグリップの違うパターを試す松山に対し、石川はグリーン周りからのアプローチに注力する。やっていることは微妙に違うが、歩きながらも良くしゃべり、お互いのプレーを観察しながらの楽しげな18ホールとなった。

今週は2人で練習ラウンドを行った。

今年、2人が一緒に練習ラウンドを行ったのは「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」、「ノーザントラストオープン」、「アーノルド・パーマーインビテーショナル」に続いて4回目。3大会での松山の成績は2位、4位、21位だ。石川との練ランは好結果につながっている?(ノースカロライナ州シャーロット/今岡涼太)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~