ニュース

米国男子アーノルド・パーマーインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

シーズンベストの調子 石川遼が上位争いに名乗り

週末に入り多くのギャラリーが会場を埋め尽くしたムービングデーに、石川遼が上位争いに飛び込んだ。米国男子ツアー「アーノルド・パーマーインビテーショナル」3日目。23位からスタートした石川は5バーディ、2ボギー、連日の「69」をマークし、通算8アンダーの17位に浮上。首位を快走するヘンリック・ステンソン(スウェーデン)から8打差で最終日を迎える。

石川が2ラウンド以上連続で60台をマークしたのは、昨年10月「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」以来。「この3日間、今シーズンで一番いいゴルフができている感じはする」と、言葉に充実感をにじませた。

中でも好調を口にするのは、「PGAツアーで上に行くためには不可欠」というショットの状態だ。パーオン率は連日77.8%(14/18)を記録。「フェアウェイを外しても、ほぼすべてグリーンを狙えるところから打てている」と、ティショットからグリーンを捕らえる流れは淀みなく、安定したスコアメイクを支えている。

その分、「チャンスを決めきれずにもったいなかった」とグリーン上の停滞には悔いの表情。この日の2ボギーも、14番の3パットと、最終18番で1.5mのパーパットを外したものだった。

最近は試行錯誤が続いていた1Wも、この3日間に関してはイメージ通りの弾道を描いている。「長い間の課題だったけど、今週に限ってはすごく良くなっている。続けていきたいし、これが自分にとってのスタンダードになれば戦えると思う」。

未だ不完全さをにじませながらも、久々の手応えが上位との距離を詰めているのは事実。「あしたも、やることは変わらない。1番から18番まで集中していくだけ」。体に残る好感触を確かなものにする、有終のフィニッシュにつなげたい。(フロリダ州オーランド/塚田達也)

関連リンク

2015年 アーノルド・パーマーインビテーショナル




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~