ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

ヒョンソンは8位から陥落「ここは僕のドリームだから…」

ハワイ州にあるワイアラエCCで行われた米国男子ツアー「ソニーオープンinハワイ」最終日、通算10アンダーの8位タイからスタートしたキム・ヒョンソン(韓国)は、3バーディ、5ボギーの「72」とスコアを落として30位タイ。次戦の出場権が得られるトップ10入りを狙ったが、その思いは果たせなかった。

昨年も似たような状況だった。3日目を終えて首位と6打差の27位タイ。だが、最終日は「74」と崩れて、65位タイに唇を噛んだ。今年は首位と6打差は同じながら、8位と“圏内”からスタートした。

だが、出だしからつまずいた。「朝、練習グリーンが昨日より速かった」という感触でスタートしたが、1番でグリーン右手前カラーから19ydをパターで打つと2mもショートした。「ん?」と思って調整した2番では、ピン上15mから今度は3m近くオーバー。「びっくり。それで全然合わなくなった」。

ヒョンソンは言う。「日本の試合なら、結果はあとの問題だと考える。でも、ここ(米ツアー)は僕のドリームだから。ここでは、結果が頭の中にある」。

チェ・キョンジュY.E.ヤンら先輩たち、ベ・サンムンノ・スンヨルといった先に米ツアーに乗り込んだ後輩たちと練習ラウンドをともにしても「あまり(スコアは)変わらない」。だが、いざ本戦になると「昔からの目標だったから、ちょっとグリップが…」と力が入る。「ちょっとずつ経験して良くなっているけど…、次のチャンスがあれば頑張ります」。

今年は韓国で初開催となる「プレジデンツカップ」が控え、来年はオリンピックも開催される。現在、韓国人選手としての世界ランクは上から3番目。「それも頭の中にある」。この舞台は、得られるものがあまりに大きく見えてしまう。

今年の目標は日本ツアーの賞金王だ。「賞金ランク2位は誰の頭にも残らない。僕は韓国ツアーで2位もあるし、日本でも2位がある。もう2位はイヤ」。2015年に向けて英気を養おうと昨年末は休みを取ったつもりだったが、逆にスポンサーや関係者につかまってしまい「人生で一番忙しかった」と苦笑いした。

「トレーニング(をする時間)が欲しいです」と言うが、それ以上に欲しいのは世界ランキングのポイントだ。それに向けて、スポンサーのヒュンダイ経由でPGAツアーと欧州ツアーのトーナメントに掛け合ってもらっているところだという。

決まっているところは?「まだ分からないです」。ファーマーズは?「難しいみたいです」じゃあ、ホンダは?「それは、ダメよ、ダメダメ!」さすがに同じ車メーカーはまずかったか。(ハワイ州ホノルル/今岡涼太)

関連リンク

2015年 ソニーオープンinハワイ




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~