ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGC HSBCチャンピオンズ
期間:11/06〜11/09 場所:シェシャンインターナショナルGC(中国)

WGC初挑戦の岩田寛 「これが世界か」とヒヤリ

9月の国内ツアー「フジサンケイクラシック」で悲願の初勝利を飾った岩田寛が、初出場の世界選手権「WGC HSBCチャンピオンズ」を1オーバーの37位タイでスタートした。アウトから出ると3バーディ、4ボギーの「73」。グリーンのライン読みに苦労しながらも、なんとか大きな出遅れは免れた初日だった。

胸を張ったのは1オーバーで折り返した直後の2ホール。10番でティショットを右の深いラフに入れ、セカンドはフェアウェイにレイアップ。4mのパットを沈めてパーを拾った。続く11番の2打目は木の根元に張り付いたボールに対し、スタンスが取れずに左打ち。続く残り94ydを2mにつけ、再びパーセーブに成功した。

<< 下に続く >>

最終18番(パー5)は2打目をグリーン手前の池に入れてボギーとなり、「パットが入らなくても、我慢していたんですけど…。完璧だと思ったのに」と悔やんだが、中位には食らいついた。

海外志向が強く、年末には米ツアー下部ウェブドットコムツアーの最終予選会に挑戦する。今回は弾みをつけたい初挑戦のWGC。「ボードを見たら(11ホールで)グレーム・マクドウェルが6アンダーで回っていて…これが“世界”かと思った」と、焦る場面も。しかし終わってみれば、そのトップも5アンダーで終わっている。

「きょうはロングで2ボギー(2番、18番)。今年初めてかも知れない。全然バーディを獲れなかった。もう少しパターが入ればというところ」。得意のグリーン上でのプレーに活路が見いだせれば、大きな手応えも得られるはずだ。(中国・上海/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!