ニュース

米国男子CIMBクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 CIMBクラシック
期間:10/30〜11/02 クアラルンプールG&CC(マレーシア)

トラブル続いた石川遼 18位後退もアンダーパーに自信

マレーシアのクアラルンプールG&CCで開催中の米国男子ツアー第4戦「CIMBクラシック」2日目。3アンダーの13位タイから出た石川遼は4バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算4アンダーの18位タイに順位を下げた。

インスタートの第2ラウンドは2ホール目の11番(パー3)でバーディが先行。ところが続く12番で第2打を池に入れ、13番ではドライバーでのティショットを左に大きく曲げて2連続ボギー。慌ただしさが中盤まで続いた1日を、石川は「なかなか噛み合わなかった。(パーを)拾いまくった感じでした」と表現した。

前日バーディフィニッシュした折り返しの18番(パー5)は、組全体のスロープレーによるペナルティを避けるべく、急ぎ足でプレー。ティショットは左の林、第2打はバンカー、3打目はフェアウェイに出すだけ、4打目でもグリーンに乗らずラフへ…。バタバタしてボギーを叩いたが「時間を計られていた。トラブルだけど、急がなきゃいけない状況で…ナイスボギー」と苦笑い。

終盤に7番、8番(パー3)といずれも3m前後のバーディチャンスを逃し、最終9番ティに向かおうとしたときにはホーンが響いた。「近くで鳴っていたから、怪しいなあと…」。もはや大会の“恒例”ともいえる雷雲接近による中断。前日は早めのホールアウトで免れたラウンド中の待機を強いられた。約2時間後に再開し、1ホールをパーでまとめてフィニッシュ。「ショットが悪くても我慢ができた」。ついさっきまでの土砂降りがウソのように晴れわたった空の下で、大きく息を吐いた。

松山英樹と同じトップとは6打差。「あと2日はショットかなと思う。パットに不安はない。ショットが良ければ優勝争いできるチャンスは来る」と、虎視眈々と米ツアー初勝利を狙う。ショットが暴れても、大崩れしなかったことが、わずかでも自信を持たせてくれる。

「前半に伸ばせなくても焦りになっていない。自分を信じられている。それが、最近オーバーパーがないことにもつながっているのかなと」。米ツアーの新シーズン開幕後の10ラウンドでオーバーパーはまだ1度。スコアの面での“安定感”は、石川にゆっくりと根付いている。(マレーシア・クアラルンプール/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 CIMBクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。