ニュース

米国男子ライダーカップの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ライダーカップ
期間:09/26〜09/28 場所:グレンイーグルスホテル(スコットランド)

アメリカのサプライズペアは無し!?

By Mike McAllister, PGATOUR.COM

「ライダーカップ」初日のペアはまだ正式に発表されていないが、アメリカは金曜日のラインアップに関し、密かにプランを練っているようにも見える。

アメリカ代表キャプテンのトム・ワトソンが今後2日で大幅に方針を転換しない限り、または欧州勢を煙に巻こうとしない限り、「ライダーカップ」初参戦のジョーダン・スピースマット・クーチャー、同じく初参戦のパトリック・リードジム・フューリックがペアを組む可能性が高い。

<< 下に続く >>

3人目のルーキーであるジミー・ウォーカーは、おそらくリッキー・ファウラーとペアを組むと予想されている。

この予想通りならば、残りの3組は過去の大会でもペアを組んだ、ウェブ・シンプソンバッバ・ワトソンザック・ジョンソンハンター・メイハンフィル・ミケルソンキーガン・ブラッドリーとなるだろう。

ワトソンは現地23日(火)の会見で組み合わせを明かさなかったが、「ロケット科学のように難解ではない。チームには、過去に上手くいったペアが何組かいる。おそらく初日には、過去に実績のあるペアを送り出すだろう」と語った。

キャプテンは火曜日の練習第1ラウンドで、3組のペアをコースに送った。スピースはクーチャーと、シンプソンはワトソンとペアを組んだ。

21歳のスピースはクーチャーについて、「本当に単調なゴルフをする人だね」と形容すると、「ただ、毎ホールでバーディチャンスを得られる選手と一緒だと楽しいよ」とコメント。

クーチャーも、特にフォーサムでスピースとペアを組むのは興味深いと話す。

「パートナーとのプレーで重要なのは、交互に打つということ。どちらが勝負を決めるか、どちらがより多くパットを打つか、より多くアプローチを打つか、より多くドライバーショットを打つかというのは、ある種の賭けみたいなもの。僕らは似たタイプのプレーをするので、彼とペアを組んで、交互に打つ中でお互いの役割を理解するようになったら、興味深いプレーが出来るだろうね」。

昨年の「プレジデンツカップ」にも出場したスピースは、スティーブ・ストリッカーとペアを組み、3試合で2勝をあげた。今大会でストリッカーは副キャプテンとしてワトソンを支える為、今回はクーチャーがスピースにアドバイスを送る役割を担おうとしている。
「去年の『プレジデンツカップ』で彼らは非常に良いプレーをしたからね。良いチームだった」と、クーチャー。

練習第2ラウンドでは、フューリックとリード、ジョンソンとメイハンが2人でプレーする姿が見られた。フューリックとリードはチーム戦でペアを組んだ経験は無いが、2013年の「ザ・バークレイズ」、そして2ヵ月前の「WGCブリヂストンインビテーショナル」で同組だった。

フューリックは、1年前の「ザ・バークレイズ」で、リードが初日から「73」、「75」と苦しみ予選落ちしながらも、不調としっかり向き合っていた点を高く評価。
「彼は2日共に良いプレーが出来ていなかったし、金曜に予選落ちとなるのは目に見えていた。それでも彼は一緒にプレーする上でやりやすい選手と感じたし、紳士で、プロフェッショナルだった。彼とのプレーを楽しめたよ」と、振り返った。

フューリックは、誰とでもプレーが可能な万能タイプと自己分析している。「ライダーカップ」直近8大会に出場し、14人とペアを組んだ実績があるからに他ならない。彼は自分自身を、「内野のポジションなら複数こなせる1番打者タイプとでも言うのかな。この手の大会での経験も豊富なベテランと思われているだろうし、なんでもこなせると思われているんじゃないかな。カメレオンの様に、変幻自在にね」と、評している。

第3グループではファウラーとウォーカー、そしてミケルソンとブラッドリーがプレー。4選手はメディアの前に姿を見せなかったが、メディナで開催された2年前の大会で3戦全勝としたミケルソンとブラッドリーのコンビを、ワトソンが解消させるとは考え難い。

ファウラーは前回大会メンバーに選出されなかったが、ケルティック・マナーで開催された2010年大会ではミケルソンとデュオを組み、フォーボールでイアン・ポールターとマーティン・カイマーに敗れた。また、フューリックともフォーサムでペアを組み、カイマーとリー・ウェストウッドと引き分けた。

金曜のファーストセッションに行われるフォーボールを戦う4組の陣容は、25日(木)の午後まで発表されない。主将ワトソンは、初日の結果を見て、必要ならペア変更も視野に入れるようになるかもしれない。

ワトソンは、「組み合わせは試合を通じて発展させていくもの。最初の組み合わせでの呼吸、プレー、その他の要素を見て、誰と誰を組ませるかを判断する」と語った。

組合わせペアを組んだライダーカップ戦績
K.ブラッドリーP.ミケルソン20123勝0敗
W.シンプソンB.ワトソン20122勝1敗
Z.ジョンソンH.メイハン20101勝1敗
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ライダーカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!