ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

小技進化で充実の41位 小田孔明は国内賞金王へ加速誓う

2014/08/11 11:01


海外男子メジャーの今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」最終日を56位から出た小田孔明は4バーディ、2ボギーの「69」(パー71)でプレーし、通算2アンダーの41位でフィニッシュ。「難しかったけど、2日目以降はオーバーパーを打たなくて良かった」と、2日目「68」に続くアンダーパーで4日間を締めくくった。

滝のような汗が流れる中の表情は、充実感で満ちていた。グリーンに近づくにつれて難度が増す今年のコースセッティングから、スコア以上の収穫を得た。「アイアンとアプローチが、ものすごく勉強になった。アプローチは自分でもうまくなったと思う」。

深いラフや刈り込みに囲まれたグリーン周りから、多様なアプローチが要求された。「ワンクッションやロブとか、いろいろなショットを打たないといけない。4日間やれて、すごく勉強になったね」。今週のリカバリー率71.93パーセントは、全体の平均値59.53パーセントと比較しても秀でた数字。次々と襲いかかるメジャーの試練が、小田の小技を進化させた。

帰国後に迎えるのは、高額賞金の試合が続く国内男子ツアー“秋の陣”。その中には、「目標としているし、ぜひ取りたい」という、昨年は2位で惜敗した「日本オープン」も含まれている。「勉強したものを持ち帰って、賞金王を目指して頑張りたい」。今週得た自信と経験を、再び身を投じる国内ツアーでのさらなる加速につなげる。(ケンタッキー州ルイビル/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。