ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 ロイヤルリバプール(イングランド)

最多タイの8バーディ 小田孔明、トリプルボギーにめげず「67」

2014/07/21 04:54

有言実行の「67」だ。英国ホイレイクにあるロイヤルリバプールで行われた海外メジャー
「全英オープン」最終日、通算4オーバーからスタートした小田孔明は8バーディ1トリプルボギーで5つスコアを伸ばし、通算1アンダーの39位タイ。前日の宣言通り、アンダーパーまでスコアを戻し、「あー、気分がいい」と満面の笑みでホールアウトした。

国内ツアーで2008年、11年、13年と3度バーディ獲得数でトップに立った小田が、メジャーの舞台でもその本領を存分に発揮した。「(昨日の雨で)フェアウェイが軟らかくなった分、ターフも取れたし、球を押し込めてまっすぐ行ってくれた」。

2番でバーディを奪った直後、3番ではフェアウェイからの2打目が右へと飛び出して痛恨のOB。「5Iで捕まえようと思ったら、ダフって(右へと)“ペラって”しまった」と、5オン2パットのトリプルボギーとしてしまう。だが、そこから圧巻のバーディラッシュが始まった。

5番(パー5)、6番(パー3)、7番とショットをピンに絡めてバーディとすると、8番ではグリーン右サイドからチップイン。4連続バーディですぐにトリプルボギーを取り返した。

昨晩、帯同するトレーナーの齊田顕経(さいたたかのり)氏に鍼を打ってもらい、足腰の痛みは軽減。「その分、しっかり手をしっかり伸ばすという修正ができた」と、その後も3つのバーディを積み重ねた。

この日奪った8バーディは、最終日で最多タイ。「トップの選手は難しいホールでもドライバーでガンガン行くし、ミスしても簡単にパーセーブする。ああいう攻め方は日本にはない」。この日はドライバーを握る回数を増やし、ちらりとその世界を垣間見た。「勉強するところはいくらでもあるけど、今日みたいなゴルフがうまく続けばトップの戦いができると思う」。

いったん日本に帰国して、次は3週間後の「全米プロ」に出場。今週の「全英オープン」で21,219ポンド(3,559,487円)を加えて、国内ツアーの賞金王争いでもまた、後続を突き放した。世界ランキングも60位へと浮上を果たし、初の「マスターズ」出場も見えてきただけに、夏以降も小田の手綱は緩みそうにない。(英国ホイレイク/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。