ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

残った!谷口徹が4年ぶり決勝へ 矢野東&宮里聖志はワースト2

ノースカロライナ州のパインハーストNo.2で開催中の海外メジャー今季第2戦「全米オープン」2日目。日本地区最終予選を通過して出場の谷口徹がカットラインギリギリで決勝ラウンド進出を果たした。一方、矢野東宮里聖志は出場156選手中それぞれ155位、156位に沈み、2日間で姿を消した。

谷口は2オーバーの50位タイから出ると、2番ボギー直後の3番でチップインバーディを奪取。その後、ボギーを3つに抑えて「73」。通算5オーバーの60位タイで同大会4年ぶり、2度目の予選通過を決めた。

<< 下に続く >>

「ラスト5ホールは良いプレーができた。いいパットも打てた」と、もう一つも落とせない状況で上がり6ホールでパーを並べた46歳。5メートル前後のバーディチャンスを作り続け、最後まで諦めない姿勢を貫いた。最終18番では「決めれば通る」と覚悟を決めた6メートルのパットがカップに蹴られて全身で悔しがった。

ところが、ホールアウト時点では暫定80位だった順位は午後組のプレーが進行するに連れて浮上を続け、全員のフィニッシュを待ってなんとか滑り込み。「たかが1ストロークだけど、こういうレベルだと“重み”を痛感する」と、口にした言葉は、残り2日の決勝ラウンドで活かされそうだ。

矢野東 7ボギー、3ダブルボギー「83」、通算20オーバー155位

「1、2ヤードの距離感が出ない。2打目の技術の無さを痛感した。このゴルフ場は全く太刀打ちできない。ティショットはフェアウェイキープができたけれど、距離長いからグリーンに乗せるのが精いっぱい。昨日までは海外のツアーに出たいとか意欲に満ち溢れていたけど…悔しい」

宮里聖志 6ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギー「81」、通算22オーバー156位

「(前夜に)雨が降って、コースが長くなった。自分の思い通りのショットが打てても、うまくいかない。4番アイアンを(第2打で)一番多く使ったんじゃないかな。ロングアイアン、ショートゲームが課題。ティショットやドライバーが良かっただけに…。またチャレンジしたい。悔しさしかない。(次週は妹の藍が出場)彼女は放っておいても大丈夫」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!