ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

矢野東と宮里聖志は昨年覇者と練習ラウンド 「藍ちゃんなら…」

2014/06/12 08:48

海外メジャー今季第2戦「全米オープン」は12日(木)、ノースカロライナ州のパインハーストNo.2で開幕する。宮里聖志矢野東はティオフを翌日に控えた11日(水)、昨年王者のジャスティン・ローズ(イングランド)と練習ラウンドをともにする機会に恵まれた。

当日の“飛込み”でもプレーが可能な練習日。ローズが前日、大会側に申し込んだ午前8時半過ぎからのラウンドの枠には、既に日本人選手2人の名前が記されていた。月曜日(9日)の現地入り後、開幕前日に訪れた貴重なサプライズ。年下のメジャーチャンピオンに対し、まずはそのショットに目をむいた。「まずは飛ぶ。ロングアイアンも7番アイアンくらいに見えた。ヘッドの入射角がどれだけ違うのかと…生まれた時点で負けている感じが…」と宮里。ローズは9ホールで離脱となったが、世界のトップレベルの力を肌で感じた。

<< 下に続く >>

とはいえ、驚かされるばかりではない。お椀をひっくり返したように中央部分が高く、激しくうねるグリーンに苦労する姿は一緒だった。矢野は「すごいショット、すごく飛ぶボールを打っていたけれど、半分くらいのホールで乗っていなかった(パーオンしなかった)」。グリーンの端に着弾したボールは、ほとんどが滑り落ちる。「やればやるほど難しい。ご褒美のバーディが3つくらい出て…」という見立ては、超難度のセッティングのもとではどの選手も大きな差は無い。

ラフが短く、例年とは様変わりしたセッティングでも、忍耐強さが問われるところが、やはり全米オープン。宮里は「自分のメンタルのコントロールがポイント。ボギーが出ると僕はカッ!と『この野郎!』って思ってしまう。冷静に行かないと」。そして「藍ちゃんだったら上手そう」と、次週同コースで「全米女子オープン」を戦う妹の名前を出して戦いのキーポイントを確認していた。(ノースカロライナ州パインハースト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!