ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

9度目の全米オープン 谷口徹「いつが最後か…」

2014/06/12 09:20

海外メジャーの今季第2戦「全米オープン」開幕前日の11日(水)、日本地区最終予選を突破して出場する谷口徹は、松山英樹と練習ラウンドを行って調整を終えた。

前週の国内ツアー「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」を戦っていた時から松山とのプレーを熱望していた谷口。「若いエキスをもらおうと思う」と勇んで米ツアー制覇を遂げた22歳との時間を楽しんだ。

<< 下に続く >>

ドライバーの飛距離で数十ヤードの差を付けられるシーンも目立ったが、松山の強さを再確認したのは、その頑固なプレースタイル。「彼は刻む時には徹底的に刻むといったことが、日本でもちゃんとできていた選手。(状況ごとに)確率の高いものから選んでゴルフをしていた。ただ1年目から、あれだけできるのがスゴイ。アメリカ人でも最初は苦労するって言うのに…」と舌を巻いた。

そして見つめる自分の歩み。「自分はちっとも慣れんなあ…」。全米オープンは今年で9度目の出場だが、予選通過は2010年の1度だけだ。

胸の内には「いつが最後のメジャーになるか分からない」という思いがある。でも一方で「ペブルビーチでやる時には出たいなあ」と闘志は不屈。次にペブルビーチGLで全米オープンが開催されるのは2019年。その時、谷口は51歳だが「距離が短いから」と笑う。

この日のラウンド後、パッティンググリーンで松山と再び顔を合わせた際、「自分の中で、どう考えているかという話をした」という。「(パターは)入ったもんが一番偉い。良いスイングをしていても、ダメなショットだったら意味が無い。ゴルフって、そうでしょう?人それぞれのやり方がある」。メジャーの壁に何度も跳ね返されても、ずっとそうやってきた。今年もまた、泥臭くプライドを見せる。(ノースカロライナ州パインハースト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!