ニュース

米国男子HP バイロン・ネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 HP バイロン・ネルソン選手権
期間:05/15〜05/18 場所:TPCフォーシーズンズリゾート(テキサス州)

静かに意気込む今田竜二「来年に向けて大きな一歩になる」

2014/05/15 09:48

今週の「HPバイロン・ネルソン選手権」で、今季の米国男子ツアー出場は3試合目。4試合に出場したウェブドットコムツアーと合わせて、今季7試合目に臨む今田竜二は14日(水)、練習場で多くの新クラブを打ち込むなどして、開幕に備えた。

今大会は11年に3位タイに入るなど、好成績を残しており、「全体の中では短い方のコースだし、3W、5Wをティショットで使うことも多いので、他のコースに比べるとやりやすい」と、静かに闘志を燃やしている。

<< 下に続く >>

12年にそれまで8年間保持していたPGAツアーのシード権を失った今田は、昨年、そして今年とウェブドットコムツアーを中心に、PGAツアー復帰を目指して戦っているが、その道は決して容易なものではない。

「知らない人は下部ツアーっていうけど、PGAツアーのトップ30~40人を除いた選手と引けを取らない選手ばかりがいるし、(ウェブドットコムで)シード権を獲って来年PGAツアーで優勝する人もいる。競争率は高いです」。

今季、ここまでウェブドットコムツアーで出場した4試合では、18位タイが最高位。賞金ランキング99位と思うような成績は残せていない。「満足度としては低いですけど、そんなに甘いものではない」と、長年アメリカで戦って来た今田は、激しい現実も冷静に受け止めている。

だからこそ、この出場チャンスを生かしたい思いは強い。空回りすることを警戒し、強気の発言は控えるが、「賞金も高いし、来年に向けて大きな一歩になると思う。まずは予選を通って、週末に良いゴルフが出来るようにしたい」と淡々と意気込んだ。

試合への出場機会が少ない今田は、今シーズンは自宅で過ごすオープンウィークにも、しっかりと練習ラウンドをするようにして調整に努めているという。再びPGAツアーの表舞台で輝けるか?今田の不屈の挑戦を見届けたい。(テキサス州ダラス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 HP バイロン・ネルソン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!