ニュース

米国男子シェル ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 シェル ヒューストンオープン
期間:04/03〜04/06 ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)

石川遼「これ以上ない」 9試合ぶりのノーボギーで38位発進

実に25ラウンド(9試合)ぶりのノーボギーラウンド。テキサス州ヒューストンで開幕した米国男子ツアー「シェル ヒューストンオープン」の初日、「マスターズ」出場のラストチャンスに懸ける石川遼は、3アンダー38位発進と「これ以上ない」自画自賛のスタートを切った。

「ナーバスになるかと思った」という予選落ち翌週のスタートホールを無難にパーで乗りきると、続く11番ではティショットを左に曲げるも、「下見をしていて、ここは大丈夫だと分かっていた」と落ち着いてリカバリー。続く12番(338ヤード)は3Iで確実にフェアウェイを捉え、ピン下1.2メートルにつけてバーディを先行させた。

ショット的には「50点から60点。それでも、それくらい出来ればゴルフにならないことはない」。同組のニコラス・コルサーツ(ベルギー)に飛距離で圧倒されても、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)の切れ味鋭いショットを目の当たりにしても、石川はぶれなかった。折り返した後半3番で3.5メートルを沈め、4番(パー5)では1メートルにつけて連続バーディ。少ないチャンスを確実にものにした。

3アンダーで迎えた8番(パー5)は2打目をグリーン左手前のバンカーまで運んだが、ピンはバンカーのすぐ先に切られている。「狙いたくなるところ。でも、ここのバンカーはライが悪くなりやすくて、ピンをギリギリ狙うともう1度バンカーということもある」。石川はリスクを避け、ピン上につけて2パットで良しとした。

「初日、2日目はショットでバーティを獲りにいくという感じはないですね」。フェアウェイキープは14ホール中9回も、パーオンは18ホール中15回。無理をせず、確実にグリーンに載せてパット勝負。石川は自らの戦略を貫いた。

「たとえトップが7アンダー、8アンダーでも、3アンダーは上々のスタートだと思うし、一歩間違ったら(65をマークした)ベイヒルの初日みたいな雰囲気はあった。そういった雰囲気のあるラウンドを常にしたい」。アクセルを踏み込むことなくマークした60台。「優勝争いをするには、もう少し要所、要所でピンを刺していくショットが必要になってくるけど、それは追い追い。土曜日、日曜日でやれればいいと思います」。4日間の長丁場。今はまだ、勝負を懸ける時ではないということか。(テキサス州ヒューストン/今岡涼太)

関連リンク

2014年 シェル ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~