ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 バルスパー選手権
期間:03/13〜03/16 イニスブルックリゾート(フロリダ州)

ショット復調に「スッキリした」 石川遼は65位で最終日へ

2014/03/16 07:19

フロリダ州のイニスブルックリゾートで開催中の米国男子ツアー「バルスパー選手権」3日目。3オーバーの64位タイから出た石川遼は3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「72」(パー71)で回り、通算4オーバーの65位タイで最終日を迎えることになった。

ダレン・クラーク(北アイルランド)との和やかムードのツーサムプレーは、終始スムースに進み、ホールアウトに要した時間はわずか3時間45分。だが石川はその短いプレーを終えると「今日は本当に嬉しいです」と充実感たっぷりに語った。

3日間で初めて見せた笑顔の理由はショットの復調。出だしの1番から2メートルのバーディチャンスを逃すなど「グリーンが硬かったが、遅くて、スピードを合わせるのに苦労した」とパットに苦しみ、スコア自体は伸ばせない。5番(パー5)で左セミラフからの第3打を1メートルにつけてようやく最初のバーディを決めたが、8番からの2連続ボギーはいずれもグリーンのスピードを把握できず、アプローチでショートするミスが続いた。

しかし「手応え?無いですね」と悔やんだ前日ラウンド後の居残り練習で、掴むものがあったという。

「昨日の練習での出来が良くて『このまま寝ずに練習して、感覚を消したくない』と思ったくらい。一回寝て、(感覚が)消えちゃうのがすごく嫌だったから。忘れないように、(スイング中に)どういう景色が見えて、体のどこが張って、どこが捻じれているかをずっと考えていた。今日の朝の練習でできていたので、スッキリした」

13番(パー3)のティショットは7番アイアンで力の無いボールが右へ飛び出し、無惨に池に落ちてダブルボギーを叩いた。しかし2ホール後、同じフェードボールを要求された15番(パー3)で修正を施し、6番アイアンで鋭いティショット。「(13番で)『あ、分かった』という感じがした。『これをやってはいけない』というのがはっきりした。一番ボールが飛ぶ位置で、インパクトできているかどうか。すべてはタイミング」。

この日は結局2メートル以上のバーディパットは一度も決まらずに、順位を大幅に上げることには失敗した。しかし84人が予選を通過した今大会は、この日79位以下に沈めば最終日の出場選手制限(MDF)により、明日のラウンドに進めなかったが、それも免れた。

「今日やれて本当に良かった」。綱渡りではあるが、なんとか辿り着いた日曜日。掴んだ手応えを大きくしたい。(フロリダ州タンパ/桂川洋一)

関連リンク

2014年 バルスパー選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~