ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】松山英樹、1打差に詰め寄るも惜敗 米ツアー初優勝ならず

首位に3打差の3位タイから「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」最終日をスタートした松山英樹は3バーディ、1ボギーの「69」とし、通算14アンダーでフィニッシュ。すでにグラハム・デリュー(カナダ)が通算15アンダーでホールアウトしており、青木功丸山茂樹今田竜二に次ぐ日本人4人目の米ツアー制覇は叶わなかった。

1番ティから出た松山は、3番(パー5)でバーディ先行。1つ伸ばしてサンデーバックナインを迎えると、10番では1メートル弱に絡め、さらに13番(パー5)では2オンに成功。この日3つ目のバーディで通算15アンダーとし、一時は首位のワトソンに1打差まで詰め寄った。

しかし、14番、15番のバーディチャンスが僅かにカップを逸れると、グリーンを大ギャラリーが取り囲む名物ホールの16番(パー3)では、ティショットをグリーン右奥に外してこの日初めてとなる痛恨のボギー。短い17番パー4では1オンに成功したが、2.5メートルのバーディパットはカップを蹴られてパー止まり。日本人最年少となる米ツアー初制覇を、惜しくも逃す結果となった。

関連リンク

2014年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~