ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 マスターズ
期間:04/10〜04/13 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

「マスターズ」初日は順延

日曜日から雨続きの「オーガスタ・ナショナル」。降水量は4インチ(約12センチ)以上を記録。昨日の時点で初日のスタート時間が40分遅れと決まっていたが、朝を迎えてさらに2時間50分の遅れが決定し、その後東部時間10時45分に初日の順延が決まった。現地時間の11日金曜日、早朝7:30からイン・アウト同時スタートで第1ラウンドがスタート。予定では同じ日の午後1:30から第2ラウンドに突入。一気に36ホールを消化する予定。

丸々1ラウンド分が順延になったのは1983年の2日目以来。結果、72ホールの決着は月曜日にまで持ち越され、優勝したのはセベ・バレステロスだった。順延の決定には選手達から不満の声はひとつもあがらず、全員が明日の36ホールという長い戦いに備え始めた。

<< 下に続く >>

スコット・ホーク
ベルンハルト・ランガー
「オーガスタで4日間もこんな悪天候に見舞われるなんて珍しい」

スチュアート・アップルビー
「あと足りないのは雪ぐらいかな?」

スコット・マッキャロン
「今朝はスタートが早い時間だったので、7時半から待機していた。結局食事と昼寝を繰り返し、これ以上時間をつぶせないからこれから映画でも観にいこうかな?と思うくらいに待ちぼうけだった。今日プレーできないのは残念だけど、正しい決断だったと思う」

アーニー・エルス
「メンテナンスのスタッフが必死にコースコンディションを整えていたのに、追い討ちをかけるように今朝も雨が降り出して、もうどうにもならなかったらしい」

すでに長いコースの「オーガスタ・ナショナル」がひどい雨でより長くなってしまう中、さらに36ホールを1日で消化とは、かなりハードなスケジュール。すでに難易度の高い大会に精神的にも肉体的にもより多くが要求される状況になってしまった。

マイケル・キャンベル
「コースも厳しくて肉体的にも厳しい。でもトレーニングを積んでいて肉体的には申し分ない状態にあるから大丈夫だと思う」

ジョン・ヒューストン
「すでに地面がぬかるんでいるから、歩き辛いけど、みんな36ホールの経験なんて沢山あるだろうから問題ない」

アーニー・エルス
「今まで選手達から組み合わせやスタート時間で不平不満が出ていたんだ。特に昨年の全米オープンのスタート時間にはみんな文句をいっていた。でも明日はみんな同じ条件だからフェアだ」

ファジー・ゼラー
「ここに来ている連中は皆ベストアスリート達だから問題ないよ。たった36ホールだ」

ハンター・メイハン(アマチュア)
「大学ではよく36ホールやるから私には普通の出来事。36ホール歩くのなんてへっちゃらなんだ」

より長くより高くボールを運ばなければならない。さらに泥のついたボールの捌きが難しいという悪条件。しかし「オーガスタ」を熟知しており、泥付きボールの捌きを諸ともしないタイガーにとっては有利に働く状況。

ロコ・メディエイト
「泥が右についていれば左に曲がる、左についていれば右に曲がる。でもどれだけ曲がるかは神のみぞ知るって感じだ」

アダム・スコット
「泥付きボールだと、攻めのゴルフはできないね。レイアップがかなり必要になるよ。13番はまず無理。4番アイアンでグリーンが狙えるくらいに運べていれば違うけど、練習ラウンドでも2番アイアンの距離だった。これだけ悪条件の中で危険なプレーはできない」

ベルンハルト・ランガー
「ボールに泥がついてしまうとこれは運以外の何ものでもない。技術は無関係になるんだ。5番アイアンだと40ヤードくらい左右に影響が出てしまう。上手くいけばグリーン上。運が悪ければハザードに入れてボギー以上の結果になる可能性が高い」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!