ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/11〜08/14 バルタスロールGC(ニュージャージー州)

今日の日本人選手/厳しいコンディションの中、片山が善戦。3オーバーの23位タイ

2005/08/16 09:00


全米プロゴルフ選手権 最終日

日本人選手の中で唯一決勝ラウンドに進出し、3日目に24位タイまで後退したものの健闘中の片山晋呉の最終日。「66」を出した2日目のような活躍が期待されていた。

その期待どおりのスタートを切った。スタートホールの1番で、約15メートルの長いパットを決め、いきなりバーディを奪う好発進。このまま勢いにのって上位に食い込むかに思われた。

しかし、最終日のメジャーは甘くはなかった。ピンポジションも厳しくアンダーパーがほとんど出ないコースセッティングに片山も苦戦。3番パー4ではティショットを右のラフに打ち込みボギー。4番パー3ではティショットを池に入れたものの、なんとかボギーでしのいだ。さらに、6番でもボギーをたたき、ズルズルと後退していく。

その後、我慢のゴルフでパープレーを続けた後、11番でバーディ。その後、雷雲接近のため約20分の中断。15、16番では連続ボギーをたたいたが、2日目、3日目とバーディを奪っている最終18番はこの日もバーディで締めくくった。

結局、3バーディ、5ボギーと最終日に2つスコアを落としたものの、トータル3オーバーの暫定22位タイでホールアウトした。

現地時間15日月曜日に行われた最終ラウンドの結果、片山晋呉は23位となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。