ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/11〜08/14 バルタスロールGC(ニュージャージー州)

今日の日本人選手/日本ファンにとって思い出の地バルタスロールGC、日本勢の奮起に期待

全米プロゴルフ選手権 事前情報

今年の「全米プロゴルフ選手権」の舞台は、ニュージャージー州、バルタスロールGC。1980年の全米オープンで青木功がジャック・二クラスとの死闘を演じ惜敗したコースだ。この日本人ゴルファーが初めてメジャーで大活躍した地で開催される全米プロに、丸山茂樹片山晋呉谷口徹の3名の日本人選手が挑戦する。

最も活躍が期待されるのはやはり9年連続9回目の参戦となる丸山茂樹であろう。

今季は、マスターズと全英オープンは予選落ち、唯一決勝ラウンドに進んだ全米オープンでも33位タイフィニッシュとメジャーで結果は残せていない。ただし、本人もインタビューなどで述べているとおり今季ショットは好調。流れをつかみ、パッティングが入り出せば米ツアー3勝の実力を十分発揮できるはずだ。今回は渡米前の日本ツアーで長年連れ添ってきた斎藤優希氏がキャディを行う予定。2002年、斎藤氏がたまたまスポットでキャディを行った「バイロンネルソン クラシック」では見事優勝しているだけに、斎藤氏との久々のコンビでの活躍が期待される。

2001年に4位に入った実績を持つ片山晋呉は、今回で6年連続6回目の出場となる。背中を痛め7月中旬に行われた全英オープンは欠場となったが、その後の国内ツアーでは徐々に調子を取り戻し、「サン・クロレラ クラシック」では9位に入っている。「良い手ごたえを掴んだ」と語っており、2001年大会以来となるジャパニーズカウボーイの大暴れが期待できそうだ。

谷口徹は、今年で4回目の出場。過去3回は全て予選落ちと、今大会と相性はあまり良くないが、昨年完全復活した勢いが戻れば上位にも食い込めるはずだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。